大人のにきび 原因と対策 とるべき栄養など

思春期のニキビは皮脂の多いTゾーンにできやすいのに対して、大人のニキビはあごや口の周りにできるのが特徴です。
 
またそれほど皮脂が分泌されておらず、乾燥気味であっても発生します。
 

原因としては、皮膚のターンオーバーが正常に行われず、残った古い角質により毛穴が詰まりやすくなっていることが挙げられます。
 
女性の場合、化粧の洗い残しが毛穴に詰まるケースもあります。
 
 
また女性で月経前にニキビが悪化することがあるのは、多く分泌される黄体ホルモンによるものです。
 
黄体ホルモンは、皮脂分泌を促すという男性ホルモンに似た作用があるため、ニキビを悪化させてしまいます。
 
 
にきびを作らない、あるいは悪化させないためには清潔が一番ですが、洗いすぎは良くありません。
 
皮脂を取りすぎると皮膚の抵抗力が落ちてしまい、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
 
洗顔は一日2回で十分です。
 
 
ニキビはストレスを受けても増える場合があります。
 
女性も卵巣・副腎で男性ホルモンを作っており、男性ホルモンとストレスは深く関係しています。
 
そのためストレスを受けると皮脂が過剰に分泌されるためニキビができやすくなるのです。
 
 
また紫外線もニキビの原因になりえます。
 
紫外線を浴びると皮膚の防御作用が働いて肌が厚くなります。すると毛穴が狭くなり詰まりやすくなってしまううえ、色素が沈着してニキビ跡が消えにくくなるのです。
 
 
ニキビ対策には、ビタミンB2、B6、Cが有効です。
 
ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制し、B6は皮膚の抵抗力を高める働きがあり、ビタミンCは皮膚への色素沈着を防いでくれます。
 


オードメディカ 薬用ソープ 100g
肌美精 大人のニキビ 薬用洗顔石鹸 70g [医薬部外品]

コメントを残す