肌の赤み 原因と対策 ドクターシーラボさんのコンテンツ

肌の赤みに悩んでいる、という話はよく耳にしますが、赤みはニキビなどと違い、「これをすれば良い」という対処法がいまひとつわかりにくくありませんか?
 
 
赤くなっているということは、血液が関係しているであろう、とは推測できるものの、具体的に何をすれば解消できるのかはピンときません。
 

そのため、「赤みはメイクで隠している」という女性も多いようです。
 
確かにこれなら赤みは見えなくなりますが、実はリスクもあります。
 
というのも、使っているファンデーションやコンシーラーに合成成分や保存料が含まれていると肌にダメージを与えます。
 
それを続けていると、ダメージで肌の赤みがひどくなってしまうことがあるのです。
 
 
それではどうすればいいのでしょうか?
 
ドクターシーラボさんのサイトに、肌の赤みの原因と対策がまとめられた、参考になるコンテンツがあります。
 
肌荒れで赤みが出る、そのメカニズムと対策法
 
 
これによると、肌の赤みは「紅斑」という現象で、毛細血管が拡張しているために発生します。
 
血液の赤さが透けて見えているわけで、これはターンオーバーの乱れにより、肌の表皮が薄くなっていることを意味します。
 
 
これらを防ぎ、紅斑を解消するために必要なこととして、上のコンテンツでは
 
・保湿して乾燥を防ぐ
・ニキビ(皮脂の過剰分泌)を防ぐ
・紫外線や摩擦、化粧品による刺激を防ぐ

 
の3点を挙げています。
 
赤みを改善するには、スキンケアを見直し、日焼けを防ぐ必要があるのです。
 
 
コンテンツでは、
 
・レッドフェイストナー(肌の赤みに着目して開発された専用化粧水)
・VC100エッセンスローション
・薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX
・スーパーウォッシングフォームEX
・BBパーフェクトクリーム50+

 
といった製品の解説や使い方説明もあります。
 
 
肌の赤みを防ぐにも保湿が大事とはやや意外ではないでしょうか?
 
肌が赤いからと、冷水で洗顔して顔を冷やす人もいるようですが、それが肌への刺激になってかえって逆効果になってしまいます。
 
 
そうした注意点も解説されているので参考にしてみて下さい。
 
肌荒れで赤みが出る、そのメカニズムと対策法

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す