摂津投手 筋トレに対する考えと股関節・肩甲骨

プロ野球ソフトバンクホークス(2013年当時)の摂津 正投手は、オフシーズンに入ったらあまり投げず、アクティブレストを意識してジョギングをします。
 
12月になるとキャッチボール、12月後半からウェートトレーニングを始めます。
 
野球選手のウェートトレーニングについては賛否両論あります。
 
(このコンテンツは雑誌「Tarzan 2013年 3/28号 」118~119ページを参考にしています)
 

以前私のメルマガで紹介したイチロー選手のように、発達した胸の筋肉が邪魔になると感じるケースもあるのです。
 
摂津投手はというと・・・

・ベンチプレスは肩を傷めたり、体のバランスが崩れるリスクがあるので必要最低限だけ
 
・投球に必要な下半身のバネをつけるため、背筋と下半身のウェートトレはしっかりやる 
 
・人それぞれ足りない部分を考えて、それを補うためにウェートトレを行うべき

・・・と考えています。
 
もうひとつ、摂津投手がピッチャーにとって非常に重要と考えているのは、股関節と肩甲骨の使い方です。

「股関節を上手く使うことができれば、しっかりしたピッチングができるんです。
 
そのため、股関節は重いウェイトを動かすというより、可動域を広げるトレーニングを行います。肩甲骨のトレーニングも可動域を広げるためです。
 
また下の動きを上に伝えるために、股関節と肩甲骨をつなぐ体幹を鍛えることも忘れてはいけません」

と語っています。
 
ピッチング・スピードアッププログラム
佐々岡真司流ピッチングの極意 前田健太投手の推薦文あり
高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD
野球ピッチャー上達革命 コントロールを良くする練習法 サンプル映像あり
教科書には書けない野球動作 ケガをしない身体の使い方

コメントを残す