中村紀洋選手と筋トレ 効果的ダイエットには筋肉が必須

大リーグのドジャースに移籍した中村紀洋選手は、それまで本格的にやらなかった筋力トレーニングを故障防止のために取り入れました。
 
その結果「体重は変わらないのにウエストがどんどん縮む」よいになりました。
 
 
これは筋力トレーニングの効果と考えられます。
 
(外部リンク)
中村紀洋選手 スイングの特徴とバット スパイク
 

筋肉が増えると脂肪が燃えやすくなり、中でも特に内臓脂肪が優先して消費されます。
 
一方で筋肉は体脂肪よりも重いので、脂肪と同じ体積でも筋肉が増えると体重も増えます。
 
 
こうした事実から、私はダイエットでは体重はあまり重視していません。
 
 
体重が落ちたとしても、それが脂肪であれば問題ないでしょうが、偏食ダイエットなどにより筋肉が落ちたのであればそれはむしろ悪い結果と言えます。
 
一時的に体重が落ちたとしても高確率でリバウンドするでしょうし、リバウンドしてしまうと筋肉が落ちている分今度はさらに減量しにくくなります。
 
 
私としては、体重が落ちなくとも、筋肉が増えて脂肪(特に内臓脂肪)が減っているのであればそれは好ましいことと考えています。
 
 
そのためには、偏食・絶食はやめ、女性であっても積極的に筋トレなどを行う必要があります。結果として健康的にスリムになり、なおかつ太りにくい体質に変わるのです。
 
女優さんやモデルさんがほぼ例外なく筋トレの類を行っているのはこうした理由があるからではないでしょうか。
 
 

コメントを残す