睡眠不足はダイエットの敵 食欲抑制ホルモンが減ってしまいます

MB900422197

「寝てばかりいると太る」というイメージがありますが、実際はどうも逆のようです。
 
 
睡眠時間が短ければ短いほど、肥満しやすいことがわかっています。つまり、睡眠不足の状態でダイエットをしても効果は出にくいのです。

 
米コロンビア大学が32~59歳の男女1万8000人を対象に行った調査によると、7~9時間の睡眠をとる人に比べ、4時間以下の睡眠の人は肥満率が73%も高くなり、5時間睡眠の人も肥満率が50%多かったのです。
 
 
また、米スタンフォード大学医学部が30~60歳の男女1024人を対象にした調査では、8時間睡眠の人に比べ、5時間睡眠の人は血中グレリン(食欲を増すホルモン)が14.9%多いことがわかりました。
 
 
逆に、血中レプチン(食欲を抑制するホルモン)は15.5%も減少していました。つまり、「睡眠時間が少ないとよく食べる」ことになるわけです。
 
 
他にも、睡眠が足りないと・・・
 
 
朝ギリギリまで寝て、朝食を抜く、あるいはほんのちょっとしか食べない。
 
→日中の運動量が減り代謝が悪くなる&昼・夕食を大量に食べる(疲労感が残っているのと、食欲が増すため)
 
→食事のエネルギーが消費されず脂肪として体にたまる。
 
 
というパターンが確立されるきっかけにもなります。またこのパターンでは便秘の発生率が高まることもわかっています。
 
さらに、寝不足になると肥満以外の弊害も発生しやすくなります。睡眠を十分にとっている人と比べて、睡眠が不足しているとがんの発生率が1.3~1.8倍になり、加えて認知症のリスクも高くなるという調査結果もあります。
 
 
睡眠時間が短くなることも時にはあるでしょうが、それが習慣になってしまうと、どうやら「百害あって一利なし」のようです。
 
健康・美容第一の女優さんが健康について語った記事などを読んでみても、「睡眠を削って仕事する」というのは見たことがありませんし。
 
 
「ちょっと寝不足かな?」と感じたら、できるなら「15分昼寝」をやりましょう。
 
正午からお昼の3時ごろまでの間にとる15分ほどの睡眠は仕事や勉強の効率を上げ、なおかつ夜の睡眠の質を上げると言われています。
 


痩せホルモンが出る! 睡眠ダイエット (TJMOOK)
きょうの睡眠ダイエット: 4週間でヤセ体質に変わる

コメントを残す