スマホ・PC操作で酸欠に やる気にも密接に関係してます

(「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本で読んだことにようやく合点がいきました)
 
 
私が最近、なんとなく感じていた課題をズバリと指摘する記事がありました。
 


 
あなたも危ない「スマホ巻き肩」って? 
やせにくくなる、息苦しい…様々な“新症例”相次ぐ 
http://www.sankei.com/premium/news/160924/prm1609240017-n1.html
 
記事のポイントはこんな感じです。

■スマホの操作で背中を丸めた姿勢や、両肩が前に出る「巻き肩」が癖になっている人が増えている
 
■猫背や巻き肩では肺が圧迫されて吸い込む酸素の量が減る 長時間続けると酸欠状態になる
 
■通常の姿勢で5440mlだった肺活量(33歳男性)は、スマホを操作する姿勢では3720mlに減少する
 
■結果として血流が悪くなり、肩こり、疲れが取れにくい、やせにくい、気分が優れない、息苦しいといった不調が起きる

私はパソコン作業をする時間が長く、猫背の癖が抜けない云々、という話は何度かお知らせしています。
 
猫背になっていると、ふとした時に
 
「今のオレって、呼吸がすごく浅くなってないか?」
 
と感じることがあるのです。
大げさかもしれませんが、無呼吸一歩手前と感じる時も。
 
 
なので最近は「これはマズいだろ」と、意識し始めており、姿勢を正して、細切れ時間では深い呼吸を実践していたのです。
 
すると、変化が起きました。
 
 
「やる気」が持続するのです!
 
 
深い呼吸をしばらく続けてみて、いまでは
 
 
呼吸が浅いと「やる気」が低下し、深い呼吸はやる気向上に貢献してくれる。
 
 
と確信しています。
これは間違いありません。
 
 
上で紹介した記事は、確信を強めてくれました。
 
「スマホの作業で姿勢が悪くなると呼吸が不十分になり、疲れが取れない、気分がすぐれないといった不調を起こす」
 
とあり、やっぱり!といった感じです。
パソコン作業でも「猫背」「巻き肩」は共通しています。
 
 
「PC・スマホ作業では呼吸が浅くなって酸欠を引き起こし、やる気を減退させる」というわけですね。
 
 
酸欠といっても、窒息して命を落とすわけではありません。
 
確かにそうではないのですが、「やる気」が低下して生活や活動の質を落としてしまいます。
「未病」のイメージに近いでしょうか。
 
※参考 日本未病研究学会のサイト
 
未病とは
http://www.mibyou.or.jp/about
 
「他覚症状(検査結果の異常)及び自覚症状が無く、検査結果が異常値に近い心身の状態又は、自覚症状というほどではないが気分の優れない心身の状態」
 
 
文明の利器の発達は、生活を楽に、便利にしましたが、同時に弊害も生み出しました。

・照明やテレビ→夜になっても明るいため自律神経の混乱
 
・自転車や車→脚力の低下
 
・エアコン→体の冷え、体温調節能力低下
 
・食品添加物→腸内環境の悪化など

そしてこのたび、
 
 
・PCやスマホ→操作時に呼吸が浅くなって酸欠気味になり、やる気も減退させる
 
 
を追加いたします。
いずれも広く普及している現代の日本では、この「未病」にかかっている人は多いと考えられます。
 
心当たりはありませんか?
 
 
健康トピックとしてはかなり地味ですが、軽視はできないでしょう。
生活の質がいつの間にか蝕まれるのですから。
 
 
良い姿勢と深い呼吸の習慣化も検討してみて下さい。
 
 
ところで、冒頭の「ジョジョの奇妙な冒険」の件。
深い呼吸を意識することで、やる気がアップした私の体験と関連しています。
 
 
これについては、私の別サイトに記事を書いております。
 
深い呼吸は疲れ軽減・やる気持続を助けてくれます
 
関心のある方はご覧下さい ^^
(「ジョジョ」を知らない方にもお読み頂けます)
 
毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる 呼吸は1日2万回――その質を上げるだけで自律神経が整う。免疫力が上がる。
毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる 呼吸は1日2万回――その質を上げるだけで自律神経が整う。免疫力が上がる。
 

コメントを残す