喫煙の悪影響 飲酒によりさらにリスクアップ

英国の医師約3万5千人を50年にわたり、タバコの健康への影響を追跡調査しました。
 
それによると喫煙者の半分以上はタバコが原因と見られる病気で亡くなり、吸う人の寿命は吸わない人より10年も短かったのです。
 

60歳で禁煙すると3年、50歳で6年、40歳で9年長生きできます。30歳では10年も寿命が延びるのです。
 
これはタバコを全く吸わない人と同じ寿命です。
 
禁煙に遅すぎることはなく、「思い立ったが吉日」というわけです。
 
 
私の父親も60歳を過ぎて禁煙に成功し(それ以前には何度か失敗しています)、以後は快適な生活を送っています。
 
私の父は「禁煙してみると今までいかにとんでもないものを吸い込んでいたかがわかった」と言います。
 
また、タバコを吸わなくなってみて、「タバコの煙がものすごく煙たく感じる」のだとか。
 

男性にとって深刻な問題も

タバコは寿命を縮めるだけでなく、男性にとって気になる疾患を起こしかねません。
 
EDも喫煙が原因になりえます。
 
喫煙は血流を阻害します。男性の性機能には、血流の良さは必須条件です。
 
 
喫煙は薄毛の原因にもなります。(異論もありますが、私は原因になり得ると考えています)
 
EDのケースと同様に、頭部の血流が悪くなるからです。毛母細胞に栄養分が供給されなくなり、毛髪は成長できなくなります。
 
最近はタバコを吸う女性も多いようなので非常に気になるのですが・・・。

喫煙と飲酒 がんリスクを高める相乗効果

喫煙が、がんのリスク要因であることはよく知られています。
 
喫煙単独でも危険なのですが、喫煙に飲酒が加わると危険度がさらに高まります。
 
お酒を飲むと、アルコールを分解するため肝臓の酵素が働きます。
 
活発に働き出した酵素の中には、タバコの煙に含まれる発がん物質まで同時に活性化してしまうものあると考えられているのです。
 
 
本人が禁煙していても、他の人のタバコの煙を吸っても同様の影響があります。
 
周りに喫煙者がいる場での飲酒はできる限り避けたほうがよいわけですが、これは現実的にはなかなか難しいかもしれません。
 
「お酒の席にひとりでも喫煙者がいる」という状況になった時点でアウトだからです。
 
 
この記事を書いている時点で、「お酒が飲めるお店で完全禁煙」というのはまだ少ない印象があります。
 
子供も普通に入るファミリーレストランでさえ、タバコの伏流煙は事実上野放し状態です。
 
入店した時点で「喫煙席ですか禁煙席ですか?」と聞かれるので禁煙席に案内されるのですが、喫煙席との仕切りなどは全くないのでタバコの煙はバリバリ流れてきます。
 
15分もいれば服が十分タバコ臭くなり、30分もいたらちょっと気分が悪くなってきます。
 
そのため私は滅多にファミリーレストランでは食事をしません。
 
 
ファミレスには小さな子供や中学生・高校生もたくさん来るのですから、もう少し何らかの対処をとった方が良いと思うのですが。
 

コメントを残す