口呼吸から鼻呼吸へ 今井一彰医師 あいうべ体操

前ページで紹介した今井一彰医師は、口呼吸をやめて、鼻呼吸を習慣づける方法として、
 
■口テープ
■あいうべ体操

 
の二つを勧めています。
 
免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、腫瘍性大腸炎にも効いた! (ビタミン文庫)
免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、腫瘍性大腸炎にも効いた! (ビタミン文庫)
 
以下にやり方を簡単に紹介します。
 

■口テープ

眠っている間の口呼吸を防ぐのが口テープです。文字通り、口にテープを貼って寝るだけの簡単な方法ですが、高い効果が期待できます。
 
朝起きた時口の中が乾燥している、口臭が強い、のどが痛むという人は、睡眠中に口呼吸をしている可能性があります。口テープを試してみましょう。
 
口に貼るテープは、皮膚に貼る前提で作られた、刺激の少ないもの(サージカルテープなど)であれば特にこだわる必要はありません。絆創膏でもOKです。
 
上下の唇を閉じるように、縦に貼ります。
 

■あいうべ体操

あいうべ体操は、口のトレーニングです。口と舌の筋肉を鍛え、口を閉じた状態の舌の位置を正常に戻して鼻呼吸を身につけるための動作です。
 
具体的なやり方は以下のとおりです。

1 「あー」と口を大きく開く
2 「いー」と口を大きく横に広げる
3 「うー」と口を前に強く突きだす
4 「ベー」と舌をつき出して下に伸ばす
 
・声は出さなくても問題ありません
・1~4を1セットとして、1日30セットを毎日続けましょう
・入浴時の実践がおすすめ
・あごの開閉で痛みを感じる場合は、2と3の繰り返しでもOK

実際にやってみるとわかりますが、これはなかなかハードな運動です。一度にできなければ、2~3回に分けてもかまいません。
 
 
口呼吸は、全身の不調の原因になりえます。
 
前ページのチェック項目で、口呼吸していると判明したら、口テープやあいうべ体操を実践して、ぜひ鼻呼吸の習慣を身につけましょう。

壮快 2014年 02月号
壮快 2014年 02月号

このコンテンツはこのコンテンツは雑誌「壮快」2014年2月号40~42ページを参考にしました。
 

コメントを残す