私はお酒に弱い体質 DHCの遺伝子検査で判明

当サイトや私のメルマガ「健康への試行錯誤」で何度かお知らせしているように、私にとって飲酒は「やる気減退」を招きます。
 
(私の外部サイトへリンクします)
アルコールもやる気減退の一因になります
やる気を出すために食べてはいけないもの
 
アルコールを摂取すると、軽い二日酔い状態になり、やる気がなくなるのです。

アルコール代謝能力は弱い遺伝子型でした

自分はアルコール分解能力が強くはないんだろうな、と考えていたら、少し前に申し込んだこちら↓でハッキリ結果が出ました。
DHCの遺伝子検査をやってみました
 
遺伝子検査なので、自分の体のあるゆることがわかります。
 
特定の病気のかかりやすさ、計算能力など能力だけでなく、自分のルーツまで知ることができるのです。
 
 
アルコール代謝能力もわかります。
IMG_0388-2
ALDH2」という遺伝子の型を調べると、アルコール代謝能力がわかるのです。
 
それで私の場合はどうかというと・・・
IMG_0389-2
「ほとんど代謝できない」判定です。(´Д`)
 
ALDH2遺伝子が、
 
・AA型の人はアルコールを代謝できない
・AG型の人はほとんど代謝できない
・GG型の人は代謝できる

 
ことがわかっています。
 
私はAG型です。
少しは飲めますが、代謝能力は弱い体質と言えるでしょう。
 
これは単純に「お酒が残りやすい」「アルコールを飲むと体に負担がかかる」と考えていいはずなので、お酒を飲んだらそれなりにケアしないと「やる気」がなくなってしまいます。
 
 
それで「ほとんど代謝できない」からと、私がお酒を飲まないかというとそんなことはありません。
 
時々飲んでおります。^^
 
本来は飲まないのがベストなのでしょうが、お酒の影響を少なくするコツも少しわかってきましたし、たまに飲む程度あればそれほど問題はありません。
 
酒席の楽しさもありますし。
 
 
とはいえ検査でこうした結果が出た以上、お酒の「適量」にはより注意しようと思います。体を疲れさせるのは間違いないですからね。
 

コメントを残す