太ってみてわかった 清涼飲料・スポーツ飲料に含まれる糖分の量

MB900409011

06年の8月中ごろ、数人からたてつづけに「太ったろ?」「体重の増えたろ?」(ともに熊本弁)と言われてしまいました。
 
これはイカンとあれこれ考えた結果、「糖分とりすぎてた!」と思い当りました。
 
 
その糖分の出所とは・・・
 

「缶コーヒー」です。
 
 
暑さにかこつけて、当時しばらくは一日一本必ず飲んでました。三本飲んだ日もあったような気が。
(缶コーヒーが衝動的に欲しくなる時期があるのはなぜ?)
 
 
ところで、いまあなたの手元にジュースの類があれば、手にとってみて下さい。
 
缶でもペットボトルでもいいので、栄養成分表を見て「糖分」がどれだけ含まれているかすぐわかるでしょうか
 
 
多少の違いはありますが、おおまかには「熱量」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ナトリウム」といった項目が並んでると思います。
 
直接「糖分」の項目がある商品はかなり少数派なのでは。
 
では「糖分」の項目がないときはどこを見るのでしょう?
 
 
答えは「炭水化物」の項目です。
 
成分表示の「炭水化物」って、イコール糖分と考えていいんですね。
http://www.viva-sa.com/vsa/vsa200412.html
 
炭水化物の定義
http://www.kirishimacho.com/HouseCall/encyc/86/5/3_0_0_0.html
 
スポンサーリンク

 
あらためて成分表を見てください。例えば「炭水化物5g」とあっても、それは「100mlあたり」だと思います。(テトラパックには200mlあたりの商品もあるようです)
 
ですから、500mlのペットボトルであれば5倍する必要があります。
 
 
炭水化物イコール糖分と意識して、コンビニででも成分表示を読んでみてください。わたしはけっこうショックを受けました。
 
 
スポーツ飲料A 100mlあたり炭水化物6.7g
スポーツ飲料B 100mlあたり炭水化物4.7g

 
(実際にコンビニに並んでる商品の成分です。探してもらえれば「あ、これだ」とわかります)
 
 
いまは500mlのペットボトルが主流のようなので、それぞれ一本飲み干すとAは33.5g、Bは23.5gの糖分を飲むことになります。
 
スティックシュガー1本を6gとすると4~5本分以上をさらさらっと飲むのと同じですね。(かなりキツいでしょ?)
 
 
缶コーヒーにも糖分を相当含んでいるものがあります。こんなんをガバガバ飲んでたら太るはずです。
 
 
今回体重が増えて、飲み物に含まれる糖分は、デザート類に含まれるものよりある意味警戒が必要かもしれないと感じました。
 
ほとんど無意識に(罪悪感無しに?)スイスイ飲んでしまいますからね。
 
スポンサーリンク

 
いまあなたが飲んでいるジュース、「炭水化物=糖分」を念頭に置くと、意識が変わるかもしれませんよ。
 
 

コメントを残す