紅麹の効果・作用 血圧やコレステロール値を下げて生活習慣病の予防に 楽天市場とヤフーへのリンクも

紅麹は麹菌の一種で、名前からわかるようにきれいな赤い色をしています。
 
中国では数千年前から、血液循環や消化促進、内臓を強くする目的で利用されてきました。
 

日本ではあまり知られていませんが、アメリカではかなりメジャーなサプリメントになっています。
 
紅麹-K 180粒
紅麹-K 180粒
 
紅麹にはモナコリンK(別名ロバスタチン)という成分が含まれています。
 
モナコリンKは、肝臓がコレステロールを合成する際に使われる酵素(HMG-CoA)の働きを阻害する作用があります。
 
これは高脂血症の治療薬であるスタチン系薬剤と同じ作用です。
 
 
また紅麹に含まれるGABAは血圧を低下させる作用を持っています。
 
 
これらの作用から、紅麹には高脂血症の改善や予防、血圧低下、悪玉コレステロールの値を下げる、といった効果が期待できます。
 
生活習慣病予防のための典型的なサブリのひとつと言えますが、紅麹を利用しているからと食生活が乱れてしまってはもちろんいけません。
 
濃縮紅麹(べにこうじ) 30日分
濃縮紅麹(べにこうじ) 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]
 
副作用の心配はほとんどありませんが、何らかの薬剤を服用していて紅麹と併用する場合は医師と相談しましょう。
 
楽天の紅麹製品一覧です
こちらはヤフーショッピングのお米に混ぜて炊く紅麹です
 
 

コメントを残す