青汁体験談 花粉症とアレルギー キューサイ製品も

IMG_0708

前のページで紹介したK・Nさんは、テレビショッピングで見た青汁と全く同じものをスーパーで見つけたそうです。
 
その顆粒タイプの青汁を水に溶かして一日朝晩2回、スプーン1杯ずつ飲み続けました。
 
そして一年が経過したころ、次のような実感があったそうです。

 
以下、K・Nさんのメールからの引用です。

1 2週間で効果を実感しました。
2 体がアルカリになったのかな!?全く、疲れない体になりました。
3 睡眠時間が短くても 平気になりました。
4 なのに、朝の目覚めが すっきりで しゃきっと起き上がれます。
5 22%の体脂肪が 18.7% になりました
6 お通じも気のせいか良好です
7 今年の春、とうとう”花粉症”がまったく出なかったです(^^♪
8 健康診断の肝臓の評価が”A”になりました!最高です
 
ざっとこんな 感じですコエンザイムQ10のサプリよりもよっぽど体感できました(笑い)

かなりすごくないですか?健康に関する現代人の悩みをほとんどカバーしてますよね。
 

 
特に私の目を引いたのは7の項目です。「その2」でお伝えした、私が喫茶店でバイトしてた時の店長さんも「青汁飲んでたらアレルギーが治った」と言ってたんですよ。
 
 
青汁を絶賛してたので、よく覚えてます。
 
 
「続けて飲んでみない?」とすすめられたのですがあまりにマズかったのでパスしてしまいました。
 
 
ちなみに店長さんが飲んでいたのは、青汁の元祖・キューサイさんの青汁(冷凍タイプです。粉末タイプではありません)です。このコンテンツを作っていたら、キューサイの青汁を飲みたくなってきました・・・^^
 
キューサイ青汁(冷凍タイプ)5セット/キューサイ ケール青汁(90g×7パック)×5セット
キューサイ青汁(冷凍タイプ)5セット/キューサイ ケール青汁(90g×7パック)×5セット
 
青汁がアレルギーを抑制するとうたったサイトはけっこうあります。青汁メーカーさんの発表だということは念頭においておくべきかもしれませんが。
 
 
これだけめざましい効果のあったK・Nさんは、青汁を選ぶ際の注意点として下の2つを指摘されてます。
 
1 農薬が含まれていないかをチェックする
2 ケールの青汁を飲む

 
 
2については、(前ページで紹介した)テレビショッピングに出演していた医師が力説していたそうです。「ケールじゃないとダメだ!ケールじゃないと意味がない」ってかんじで。
 
 
青汁に興味のある方はお気づきかもしれませんが・・・。
 
 
ケールがいいのか、大麦若葉がいいのか悩みませんか?
 
 
実はわたしも悩んでます。
これ以外の原料で作られた青汁もありますけど、いまのところこの二種類がメイン素材といっていいようです。
 
 
これまでのメルマガでは、どちらの素材でも良い効果があったことを紹介してきました。私もどちらがいいのかをあれこれ考えた末、出た結論は・・・
 

どちらでも良い!!です。

(あら?)
 
わたし個人的にはケールに傾きがちなのですが、だからといって「大麦若葉より明らかに優れている」という点は私には見つけられませんでした。
 
なので、
 
 
1 農薬を含んでいないこと(K・Nさん、頂きました)
2 それと飲みやすいこと

 
 
といった基準で選べば、素材の違いはそれほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。続けて飲むことを考えると、飲みやすいほうがいいと思います。
 
 
一般的にケールより大麦若葉のほうが飲みやすいといわれていますが、いまでは飲みやすいケール青汁もあるようです。
 
輝きの青汁 プラセンタ入り(3g入×30包) 大麦若葉 ケール ゴーヤ 抹茶 プラセンタ 乳酸菌 オリゴ糖 食物繊維 アミノ酸
輝きの青汁 プラセンタ入り(3g入×30包) 大麦若葉 ケール ゴーヤ 抹茶 プラセンタ 乳酸菌 オリゴ糖 食物繊維 アミノ酸
 
とりあえずスーパーなどで青汁を探してみてはいかがでしょう。
 
次のページに続きます。
 

コメントを残す