青汁について がんの抗がん剤副作用を抑える 頂いたメールから

IMG_1153

前ページはこちら
 
さて、次に紹介するメールには、青汁とがんやアレルギーの関連について書いてありました。(K・Nさん、ありがとうございます)
 
K・Nさんがテレビショッピングで青汁が紹介されるのを見ていたら・・・。

「ゲストで 福島大学の”医者”が出演していました。
 
その医者がやたらと 青汁を勧めていたのです。当然、医者がテレビショッピングに出るなんて珍しいのでついつい、見入ってしまいました(笑)
 
すると、その医者が 私は ”癌”を克服してきましたと話し出しました。
 
自らが青汁を飲んで”癌”から生還したと言う事実を話し出したのです。さすがに自ら癌を克服してきた医者のセリフには妙な説得力がありました。
 
その医者が言うには 人体で発生する活性酸素の約60%が”肝臓”で発生するそうです。
 
その大事な肝臓をイジメル悪が
 
1 アルコール
2 抗がん剤
3 抗生物質?

 
私の記憶が確かならこんな感じの内容でした。更に医者のお話しは続きます・・・・・。
 
皆さんもご存知の様に”抗がん剤”には恐い副作用があります・・・髪の毛が抜けたり、皮膚がおかしくなったり、痩せたり、視力など・・・。
 
しかし その医者が言うには 青汁を飲ませている患者には 何故かその副作用が極力おさまるそうです。
 
ってことは !?
当然、抗がん剤等の治療も効果的なんて図式が成り立つ様です。
 
癌から生還してきた医者本人が地方のテレビショッピングで力説してたんです。ある意味、あるある大辞典よりも”真”に迫ってたかも!?
 
でもね、私が注目したのは普段から飲用していると”癌の予防”効果が期待できると言う発言でした。」

このお話には続きがあります。
 
青汁少食でアレルギーが消えた―なぜ効くのか、どう飲むのか (ON SELECT)
青汁少食でアレルギーが消えた―なぜ効くのか、どう飲むのか (ON SELECT)
 
「ガンあるいはアレルギーに効果がある」などといった話は慎重にする必要があるのは承知していますが、あえて引用させていただきました。
 
 
次のページでは、アレルギーの話題を、この体験談と私が聞いた話にからめつつ紹介いたします。
 

コメントを残す