パーシー・セラティの食 雑誌ランナーズ 山西哲郎氏の記事より

雑誌「ランナーズ」を読んでいたら、「セラティ食」に関する記事がありました。
 
セラティ食とは世界的なランニングコーチ、パーシーセラティ氏が独自に提唱した食事です。
 

ランナーズ 2012年 01月号 [雑誌]
ランナーズ 2012年 01月号 [雑誌]
 
セラティ氏については、こちらのサイトから引用させて頂きます。
 
スマイルランニング日記さん
パーシー・セラティ Percy Cerutty
http://trackandfieldhalloffame.blogspot.com/2011/03/blog-post.html

略歴
1895年オーストラリア生まれ。44歳のときに生活習慣から心身ともに絶望的な状態となり、余命2年と医者に宣告される。
 
一念発起し、猛然と自らの体を鍛え始め、病を克服しかつての陸上の世界へと足を踏み入れる。
 
50歳で24時間以内に160kを走り、51歳でマラソンオリンピック代表を目指し2時間58分で走る。
 
その後、ハーブ・エリオット(ローマオリンピック金メダリスト)をはじめ多くのオリンピック選手を育て上げ、1975年没。
 
奇矯な言動でも知られ、敵も多かったが、その独自のトレーニング方法は特筆に価する。

このコンテンツでは、ランニングの技術ではなく、セラティ氏が提唱した食、セラティ食について紹介します。
 

セラティ食のメニュー

「ランナーズ」には、次のようなセラティ食が記事になっています。
 
 
・鳥の餌のようなオートミール クルミ 干しぶどうをバナナで混ぜてそのまま食べる 唾液が大切なため、水分は食前に飲むだけで、食中は一切ダメ
 
・食事量が足りないようなら、パンと野菜で補う
 
・動物の脂肪を避けた自然に近い食物や植物油で作られた食事→乳菜食と呼ばれる

 
 
記事の執筆者である山西哲郎さんは、オーストラリアでセラティ氏から指導を直接受け、帰国してからもセラティ食を続けています。セラティ食にご飯と野菜、魚中心の食生活で、体重も40年間変わっていません。
 
ランニングの世界 11 特集:ランナー的生活を考える
ランニングの世界 11 特集:ランナー的生活を考える
 
ただし山西さんによると、セラティ食を続けるのはかなり辛いようです。家族やランナー仲間に勧めても、続いているのは(おそらく)山西さんひとりだけなのだとか。
 
 
健康維持のため食に関心のある方向けに、セラティ食のさわりを紹介してみました。
 
このコンテンツは雑誌「ランナーズ」2012年 01月号100ページを参考にしました。
 

コメントを残す