徳川光圀ら歴史上の人物の健康法 「日本史偉人伝『健康長寿法』」から

前ページはこちら
 
徳川光圀は「黄門さま」として有名で、クイズ番組などで「日本で最初にラーメンを食べた人物」としてとりあげられることがあります。
 
食については貪欲な人物だったようで、ビスケット 餃子 チーズ 牛乳 ワイン ジャム を口にしたとの記録が残っています。
 

徳川光圀――悩み苦しみ、意志を貫いた人
徳川光圀――悩み苦しみ、意志を貫いた人
 
当時は生類憐みの令が出ていましたが、それを無視して、牛肉 豚肉 羊肉も食べていました。こう書くと、いかにも美食家で不摂生なイメージがありますが、日ごろの生活は至って質素でした。
 
 
食事は「一汁二菜三菜」と記録されています。
 
白米 味噌 野菜 干し魚 生魚を主に食べていました。治めていた水戸藩は水産物が豊富なのです。
 
 
野菜では大根とニンニクが好きでした。いずれも健康食材として知られていますね。
 
 
光圀も家康同様、薬への理解が深く、朝鮮、支那、オランダなどから薬をとりよせていました。大変貴重で価値のある薬ばかりでしたが、領内で薬を必要とする者がいたら惜しげなく与えました。
 
 
テレビ「水戸黄門」のクライマックスで「これが目に入らぬか!」と出される印籠は、薬入れです。まぁあのドラマはフィクションですが・・・。
 
 
光圀公には健康維持における秘訣がありました。「桃源遺事」にこう書かれています。

「無病延命の術は、鳥獣に習うしかない。鳥獣は腹が減ったら食い、空腹が収まったらもう喰わない。欲情が起これば交わるが、欲情が収まれば終わる。
 
だが、人間はどうだ。
 
うまければ腹いっぱいになってもまだ喰うし、美人相手だと限度や回数を考えない。これによって脾や胃を壊し、腎もおかしくなるのだ」

藩主時代に発した九ヶ条の訓戒で「欲と色と酒を敵と知るべし」と述べています。
 
簡単に言うなら、「何事も節度を持ってホドホドに」ということでしょう。
 
 
これも現代に通じる健康法ですね。ちなみに、光圀公も薄着で過ごしたそうです。
(95~104ページ)
 

歴史上の人物 健康関連話

そのほか、「日本史偉人伝『健康長寿法』」から、へぇーと思った健康小ネタを紹介します。
 
 
細川忠興も薬の調合を行っていました。
家康の秘薬「紫雪」をどうにか作ろうと情熱を燃やし、家康の死後に製法を調べ、医師の指導を受けながら調剤を試みています。
(68~71ページ)
 
 
大久保彦左衛門は鰹節を大変好み、
 
「朝夕かつお節をかじっている」
「かつお節の上の皮を削ったものを常に持ち歩き、合戦前やひもじいときなどに齧ると、思いのほか力があふれてくる」
 
と語っています。
その効果か、80歳まで生きました。
(72~78ページ)
 
 
二宮尊徳(金次郎)は疲れを感じたら、たとえ移動中の道端でも横になって睡眠をとりました。
 
夏はもちろん、冬でも。尊徳の弟子もそれにならい、道端で横になることがあったそうです。
(156~158ページ)
 
 
毛利元就は75歳で没するまで酒を飲みませんでした。
祖父・父・兄の三人が大酒で命を失ったからです。
(54~55ページ)
 
日本史偉人「健康長寿法」 (講談社+α新書)
日本史偉人「健康長寿法」 (講談社+α新書)
 
中には疑問に感じるものもありますが、「何事もほどほどに」など、多くは現代でも通用する健康法です。
 
 
昔ながらの知恵と、発達した現代の医療技術をうまく融合させていけば、健康法がさらに進歩するのではないでしょうか。
 
歴史上の人物の健康関連話 終わり。
 

コメントを残す