京都府京丹後市のご長寿さんが食べているもの

雑誌「週刊ポスト」の2016年11月18日号に、
 
100歳肥超え77人の「長寿村」ではこれを食べていた!
 
という特集がありました。
 
 
この「長寿村」とは京都府京丹後市のことで、人口はおよそ6万人、その中で77人(男性11人、女性66人)が100歳を超えているご長寿さんなのです。
 
この百寿者さんたちが何を食べているか?という記事です。
 
その中の食材や献立、心がけなどを抜粋して紹介します。

・釣ってきたアジの刺身や煮付け 食事が偏らないように肉、魚、肉と交互にする 野菜は家庭菜園の無農薬 NHKの健康番組を録画して見る
 
・軍隊時代の名残で、食事時間はキッチリ決めている 一日三回の朝6時、昼12時、夜18時
 
・酒はあまり飲まない 嗜好品はコーヒーを一日4~5杯、砂糖を少量入れて飲むだけ
 
・魚が好き それも煮魚より焼き魚 うどんや焼きそばも好物 高野豆腐のような柔らかい食べ物は嫌い 漬物を毎日必ず食べる 毎朝牛乳1本(200ml)飲む
 
・肉が高価だったので釣ってきた(タダの)魚を煮つけ、刺身にして食べる ワカメもよく食べた 畑の野菜
 
・ハンバーグ、唐揚げ、ウインナーや焼き豚も好き 魚はサケやサバ、カレイ、タラコも好き 味噌汁は2日に1回 野菜は畑でとれた季節のもの 一年を通してよく食べるのはジャガイモ、タマネギ 果物ならナシやリンゴ、柿
 
・牛肉が好きで週に一回は食べる 畑でとった野菜
 
・朝はご飯と納豆1~2パック トマトに味噌汁 昼はおにぎり1つか、ポテトフライ コロッケやカツ、唐揚げなど(近所のスーパーで購入) 夜はナスやタマネギなどの野菜炒め カボチャの煮つけ そばを週に3~4回 うな重を月に3回
 
・肉と魚卵が大好き 朝はご飯にウニをのせて、夜はご飯にウニをのせて食べる 鮭とシシャモの卵を混ぜたフレークや助子、柔らかい子持ち昆布も好き 牛肉や豚肉をすき焼き風に煮たもの 白花豆を甘く煮たもの かぼちゃやサツマイモを煮たもの 豆腐や味噌汁、里芋、海苔の佃煮は嫌いなので食べない 

いわゆる「粗食」よりも、「肉も魚も食べる」「何でもモリモリ食べる」という習慣が多いように感じます。
 
世界一の養生ごはん: 健康長寿生活、始めませんか
世界一の養生ごはん: 健康長寿生活、始めませんか  (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)
 
高齢者が増えるこれからの日本社会にとっては、大いに参考になるのではないでしょうか。
 
週刊ポスト 2016年 11月18日号60~62ページを参考にしました。
 

コメントを残す