バイアグラとレビトラの違い 使用上の注意も

katawodaku

バイアグラとレビトラは、勃起薬としては同じなのですが、薬の種類は違います。
 
 
バイアグラは硝酸薬なので狭心症のある人は使用に慎重になる必要があります。医師の診断を仰ぎましょう。
 
また食事で摂取したものの影響を受けるので満腹時に服用するのは良くありません。
 

1回あたり1錠、50mgが限度量になります。性行為の1~2時間前に飲みましょう。
 
 
レビトラはアルファ遮断剤なので前立腺肥大気味の人は注意が必要です。
 
食事の影響は非常に少ないとされ、1回あたりの限度量は1錠20mgです。性行為の30分前に飲んでも効果が出ます。
 
 
どちらも性欲増進作用はありません。
 
つまり「服用すれば自動的に勃起する」というものではなく、性的な刺激で興奮する必要があるのです。この点は利用者に勘違いされていることが多いようです。
 
 
ちなみに、バイアグラやレビトラなどの勃起改善薬を続けて利用しても、体が慣れて効果が薄れたりすることはありません。中毒になることももちろんありません。
 
「このまま飲み続けると薬無しでは勃起しない体になるのではないか?」という心配も無用です。
 
 
EDの原因が心因性であった場合、勃起改善薬を利用して性交渉が成立したらそれで自信を取り戻すきっかけになりえます。
 
EDの原因が器質性であっても、勃起改善薬で悪化することはありません。
 
ED治療薬・ジェネリック通販 購入者の体験談も

コメントを残す