精子数を最も増やすには 禁欲日との関連 喫煙の影響

精子数が少ない男性の場合、禁欲一日後の精子数が最も多くなり、その後は徐々に減少していきます。
 
精子の運動能力や正常な精子数割合も禁欲1~2日後でピークとなり、その後低下していくことがわかっています。
 
精子数が正常な男性は禁欲2日までわずかに精子数が減少し、その後増加して禁欲6~7日でその数がピークに達するようです。
 

精子数は生活習慣にも大きく左右されます。中でも影響が大きいのは喫煙です。
 
ある統計によると、喫煙している人の精子数は、喫煙していない人に比べて10%~17%少ないことがわかっています。さらにはその精子の活性も低下しています。
 
この悪影響は受動喫煙の場合もほぼ同じです。つまり男性に喫煙習慣がある場合、その煙を吸う女性にもほぼ同等の弊害があるわけです。受動喫煙は卵子の染色体異常を増やすこともわかっています。
 
 
喫煙習慣が無く、同時に受動喫煙も無い女性に卵子の染色体異常が起こる確率はおよそ5.1%といわれています。対して喫煙習慣がなくても、受動喫煙を受ける女性は、卵子の染色体異常率が13%にも上がります。
 
カップルのうちどちらか一方でも喫煙習慣があると、妊娠の妨げになるのです。
 
スペマン 精子量を増やしたい方のためのサプリメント 購入者体験談あり  

コメントを残す