EDの原因 喫煙・前立腺肥大との関係

EDの男性には排尿障害が多く、排尿障害の男性にはEDが多いことがわかっています。
 
高齢や運動不足、メタボリックシンドロームといった理由により前立腺肥大症が進むと、血管が収縮して陰茎に流れ込む血液量が少なくなってEDになるのです。
 

EDを引き起こすとされる喫煙、高血圧、糖尿病、高脂血症などは勃起に必要な一酸化窒素の産生を低下させます。一酸化窒素の産生量が低下すると、前立腺の肥大も進行することがわかっています。
 
 
また、骨盤内の血管の動脈硬化による低酸素は、陰茎に流れ込む血液量を減らすため、EDになってしまうのです。
 
 
EDと排尿障害は合併しがちで、前立腺肥大症の薬がEDを改善したり、EDの薬が排尿障害を改善することがあります。
 
 
40歳以上の男性のうち完全型ED(勃起障害)の約80%が喫煙者です。つまり、ED患者のうち約8割がタバコを吸っていることになります。
 
ED治療薬・ジェネリック通販
精力アップサプリメント
勃起力向上・維持法
中高年男性の性の悩み対策

コメントを残す