性別と生活習慣病のかかりやすさ 痛風 心筋梗塞 脳血管疾患 喫煙の影響

「痛風は男性に多い」「女性は骨粗しょう症になりやすい」など、男女の性差に病気のかかりやすさに関わっているのはよく知られています。
 
私もこれくらいは承知していたのですが、「男と女でこんなに違う生活習慣病 太田博明著」を読んで驚きました。
 
こうした違いは実に多岐に渡っているのです。
 
男と女でこんなに違う生活習慣病 (講談社+α新書)
男と女でこんなに違う生活習慣病 (講談社+α新書)
 
例えばこんな感じです。

・タバコを吸う男性は、吸わない男性より心筋梗塞になるリスクが4倍高い
・タバコを吸う女性は、吸わない女性より心筋梗塞になるリスクが8倍高い
 
・糖尿病の男性は、糖尿病でない男性より心筋梗塞になるリスクが3倍高い
・糖尿病の女性は、糖尿病でない女性より心筋梗塞になるリスクが6倍高い

「喫煙」と「糖尿病」という同じ要因でも、性別で心筋梗塞のリスクに差が生まれるのです。
 
心筋梗塞を発症すると、男性に最も多い自覚症状は胸痛ですが、女性は胸痛が表れないことがあります。代わりに腹痛、嘔吐、胃もたれなどが起きるのです。
 
そのため、誤診の原因となるとこともあるようです。(14~19ページ)

丈夫がいいね〈11〉男の病気、女の病気 (健康BOOKシリーズ)
 
その他、男女ではこのような違いがあります。

・うつ病の発症率は女性のほうが多いが、うつ病による自殺率は男性のほうが高い
 
・心筋梗塞の発症リスクは男性のほうが高いが、心筋梗塞で入院中に死亡するのは女性が多い
 
・最初の発作で三分の一の人が死に至るくも膜下出血は、女性に多い
 
・男性の心筋梗塞を起こす最大の危険因子が高血圧であるのに対し、女性の場合は喫煙である
 
・タバコを吸う男性は、吸わない男性より脳血管疾患になる危険性が1.3倍高い
 
・タバコを吸う女性は、吸わない女性より脳血管疾患になる危険性が2倍高い
 
・糖尿病は男性に多く、予備軍は女性に多い
 
・骨粗しょう症の女性患者数は男性の3倍である
(61~63ページ)

ちなみに、痛風にかかるのは、98.5%が男性で、女性は1.5%なのだそうです。女性に少ないのは、女性ホルモンが尿酸を対外へ排出する働きがあるからです。
 
そのため、女性ホルモンが減る更年期以降は、女性も痛風が増えてきます。
 
 
骨粗しょう症が女性に多いのも女性ホルモンが関わっています。
 
女性ホルモンは骨からカルシウムが遊離していくのを防いでいるのですが、更年期になって女性ホルモンの分泌量が減るとその作用が弱くなるため、骨量がどんどん減っていくのです。
 
 
「男と女でこんなに違う生活習慣病」からは、
 
「男性は30代くらいの比較的若い年代から、いろんな病気のリスクが高めなのに対して、女性は、ある程度年齢が進むとリスクが急に高くなる」
 
という印象を受けました。
 
 
女性の場合、閉経後は特に要注意です。何らかの病気が多い家系の人は、生活習慣に加えて性別と年齢も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。
 


悩み別 女性のカラダを整える300の方法
丈夫がいいね〈11〉男の病気、女の病気

コメントを残す