石塚英彦さんは体重に上限あり 苦手な食べ物は・・・

「石ちゃん」の愛称で人気の石塚英彦さんはかなり太目の体形ですが、実はちゃんと自分の体重に「上限」を設けています。
 
体重が120kgを超えたらスポーツジムに行ってトレーニングします。
 
高校時代には柔道をやっていたので運動自体は好きで、健康にも気を使っています。

 
石塚さんは以前は痩せていて”二枚目の線”で活躍しており、バックダンサーをやっていたこともあります。
 
 
見た目のイメージ通り、普段の石塚さんは非常に温厚な好人物だそうです。
 
お笑いのネタでも、他人を攻撃したり、中傷するものは使いません。人の頭を叩いたりするのも嫌いです。
 
ところが車に乗ると(運転する時も、乗っているだけの時も)性格が一変します。歩くのが遅い人がいると、イメージとは正反対に「バカ野郎!」などと怒鳴るのだとか。
 
通りの達人
通りの達人
 
グルメ番組で日本全国を飛び回り、あらゆるものを食べている石塚さんですが、たったひとつだけ苦手な食べ物があります。
 
それは「長ネギ」で、ラーメンやソバの薬味でほんの少し使われているだけでもガックリくるのだとか。
 
どうしても食べられないのですが、番組に出てくる料理にネギが使われていることはあります。そんな時はカメラに映らないようにネギを隠し、料理を食べるテクニックを駆使します。
 
どうしてもネギが欠かせない料理の時は、石塚さんのものだけネギ抜きで作ってもらうこともあるそうです。
 

コメントを残す