腰痛 予防するための心構え 絶対注意するべき疾病3つ むらおの考え

dansei-youtsuu

私が健康問題を意識するようになってしばらく経ちます。健康に関する本や記事を読み、人の話を聞く過程で、
 
「これにかかったら本当にヤバイ」
「これだけは絶対に注意しなければならない」
 
と思うようになった病気が三つあります。
それは
 
腰痛 歯槽膿漏 糖尿病
 
です。

 
これら三つは、「死に直結するわけではないが、生活の質を著しく下げる」点で一致しています。そして、一度かかると完治させるのが難しく、長引きやすい特徴もあります。実にやっかいな症状なのです。
 
スポンサーリンク

 
ガンももちろんイヤですし、発症しないよう食べ物に気をつけたりしますが、ガンにかかるのはある程度仕方ないという印象もあります。ヘンな言い方ですが、ガンは「別格」だと考えているのです。
 
 
しかし上の三つは、心がけしだいでかなりの程度まで予防が可能です。同時に、予防の意識がなければ発症しやすいとも言えるでしょう。
 
 
語弊の無いように確認しておきたいのは、これら以外の病気もかかれば辛いものです。あくまで私のイメージとして、この三つは特に注意するべき、と考えているのです。
 
 
まずは腰痛。
 
ここでの腰痛とは、腰の血行不良などで起きる一時的なものではなく、ヘルニアなど、組織の異常を伴う慢性的な症状を指します。
 
 
腰は読んで字のごとく、身体の要です。何をするにもポイントとなる部分なので、ここをやられると生活のあらゆる面で不自由を感じるようになります。
 
 
仕事でも遊びでも、自分の思うに任せなくなるのです。
 
 
私には腰を傷めていている友人がいます。
 
「24時間、チクチクとした痛みが常にある」
「しばらく痛みがひいてきたな、と思って油断していたら、また急に痛くなる」
 
などなど、友人の話はどれも「腰痛って大変だな・・・」と感じさせるものばかり。
 
 
幸い私はいまのところ腰痛には悩まされていません。腰を傷めないよう、日ごろから意識しているのです。
具体的には・・・

・下にあるものを拾うときは、上体だけを倒さず、必ず膝・腰を落としてから
 
・床の重いものを持ち上げる時は、へそを付けるように腰を入れ、両手で抱える
 
・くしゃみをするときは腰に力を入れる くしゃみで腰を傷める例は、意外に多い
 
・腹筋と下部背筋を鍛える

といったことですね。
最後の筋肉を鍛える件については、私が尊敬しているある人が、
 
 
「腰痛にならないためには、20代で腰回りの筋トレと腹筋をすることが必須」
 
 
と著書で書いていたのを、ジムで忠実に実行しました。
 
傾斜をつけたシットアップベンチでの腹筋、片手にダンベルを持って横腹のトレーニング、そしてバックエクステンションと、「天然のコルセット」を身にまとうべく、我ながら真面目にやったものです。
 
 
「腰を落として拾う」とか「くしゃみする時も気を使う」とか、考えすぎだよ、という意見があるかもしれません。
 
 
しかし、腰痛はほんの一瞬のスキをついて「ビリッ」と襲ってくるものです。「注意一秒ケガ一生」ではありませんが、ほんのちょっとの油断が原因で腰痛に長く付き合わされるかもしれないのです。
 
 
腰をいたわる動作も、習慣化してしまえば、苦になるものではありません。その都度ほんの少し意識するだけで腰痛を防げるのであれば、私はやるべきだと考えます。
 
 
次のページでは歯槽膿漏について書いてみます。
 
スポンサーリンク


本当に腰痛を治す本! ~腰痛改善のヒントは武道にあった!~
体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」

コメントを残す