朝食は食べる?食べない? 私の考え メリット・デメリットを検討してみました

健康関連のトピックには、主張が対立しているものがあります。
 
例えば・・・
 
「牛乳は体に良い・悪い」
「水は飲んだ方が良い・飲まない方が良い」
「レンジを使う・使わない」
 
・・・といったことですね。
 

最近は「子供に野菜を食べさせる・食べさせない」といったこともあるでしょうか?
 
そうしたトピックの中でも、「朝食を食べるか食べないか」はかなり昔から議論になっています。
 
 
一般には「朝食は食べるべし」とされていて、私のメルマガでも「朝食を抜くのは良くない」旨の主張をしたことがあります。
 
 
一方で、「朝食は食べない方が良い」という意見も根強くあります。
 
いわば「常識に反する」考えなわけですが、「食べない」とする根拠も挙げられています。
 
具体的には・・・
 
「朝は排泄の時間なので、吸収する行為である食事は良くない」
「午前中の活動的な時間に、血液を脳に集中することができる朝食をとると血液が内臓に集まってしまう」
「胃腸を休めるため」
 
・・・といったところでしょうか。
 
 
先日、読者のIさんからメールをいただきました。
 
内容としては「朝食は食べるべきでしょうか抜くべきでしょうか また、内蔵を休ませるのは大切なことでしょうか」というものでした。
 
このメールに私がどのように返信したかというと・・・
 
その2へ続きます。
 


体を温め、知力・体力を高める子どもの朝食献立と料理130品
子どもの脳は、「朝ごはん」で決まる! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

コメントを残す