難聴・聴覚障害の原因 難聴改善プログラム アマゾンのCDや民間療法も

難聴で最も一般的なのは加齢と共に起きる難聴です。
 
加齢による難聴は、脳の聴覚神経や内耳の神経細胞が年齢とともに減少するために起きます。
 
発症年齢と症状の程度には個人差があります。
 

急性の中耳炎や大音量の音楽をヘッドフォンで長時間聴き続けることも難聴の原因になります。
 
こういった難聴を伝音性難聴といい、ヘッドフォンによるものは若い人に多く、かつ回復が難しくなります。
 
 
オーストラリアの国立音響研究所が05年の夏発表した研究結果によると、ポータブルプレーヤーを使用している人の約25%は、聴覚障害を起こしてもおかしくないレベルの騒音にさらされています。
 
ヘッドホンの音量は60%のレベルで1日1時間以内なら比較的安全とされています。
 

 
朝起きたら片方の耳が突然聞こえなくなる突発性難聴という症状もあります。中年以降に多く、めまいなどを伴うこともあります。
 
(関連コンテンツ)
浜崎あゆみさんの突発性難聴
 
ウイルス感染や疲労などが原因と考えられていますが、はっきりとしたことはわかっていません。ストレスが原因となって難聴を引き起こす場合もあります。
 
薬による治療などを試みても、原因となるストレスを取り除かない限りは症状は改善しません。いじめを受けていて、難聴にも苦しんでいた子供が、登校拒否した途端に難聴が治ったという例があります。
 
 
あまり知られていませんが、喫煙も難聴の原因になります。特に女性は影響が大きく、喫煙をすればするほど聴覚の老化が加速されるとの報告もあります。
 
 
耳の聞こえが悪くなった時は黒豆を食べると良い、という民間療法があります。これは黒豆の新陳代謝促進効果を利用するものです。血行を良くするというねらいで山椒の実やクコもいいとされています。
 
 
ただし、悪い生活環境など、難聴の根本原因を取り除かない限り完治は難しいでしょう。


難聴改善「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」 南輪明希
重度の「はしか」で右耳の“聴力が奪われ”左耳も“難聴”となり35年間苦しみ続けた私が、自宅で1日9分の簡単なトレーニングを行い28日で改善。

その後22年間保険のトップセールスレディーとして活躍するまでに成長できた私の方法を使い、あなたも『聞こえない』というストレスが一切無い、楽しく幸せな人生を歩んでみませんか?

実践者の体験談も寄せられています!
↓ ↓ ↓
難聴改善「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」南輪明希

 
アマゾンの難聴対策本・CDなど
耳鳴り難聴目眩 自力で治す! 不快を消す!
耳鳴り・めまい・難聴がピタリ消えるNO.1療法 (綴込付録:CD付き)

コメントを残す