新井基洋医師 めまい改善リハビリ体操

横浜市立みなと赤十字病院・耳鼻咽喉科部長の新井基洋医師は、めまいを改善するリハビリ体操を提唱しています。
 
これまでに10万人を超える人に無償で指導しており、多数の成果をあげています。
 
めまいの多くは薬や点滴で改善しますし、安静にしていれば治る例は少なくありません。
 
(このコンテンツは雑誌「週刊女性」2013年10月22日号54~59ページを参考にしています)
 


 
しかし、これらの対処を施しても変化がない場合もあります。新井医師のリハビリ体操が効果を発揮するのは、こうした”従来の対処が効かないとき”です。

新井医師のめまいリハビリ体操 基本動作二つ

めまいリハビリ体操の中から、基本の二つを以下に紹介します。
 
注意するポイントもいくつかあります。

速い横

1 腕を肩の高さに広げて、しっかり伸ばし、肩幅より広げます。手を軽く握って親指を立てます。
 
2 頭は正面を向けたまま、目だけで左手の親指の爪を見ます。これを「1」と数えます。
 
3 同じく正面を向いたまま、目だけを動かして右手親指の爪を見ます。これを「2」と数えて、以後数を声に出しながら、10往復繰り返します。
 

速い縦

この体操では、メガネはかけていても、外してもどちらでもOKです。
 
1 腕を上下に広げて、しっかり伸ばします。手を軽く握って親指を立てて横にします。目線が上斜め45度と下斜め45度に向くイメージです。
 
2 頭は正面を向けたまま、上にある手の親指の爪を見ます。これを「1」と数えます。
 
3 目線だけを動かして、下にある手の親指の爪を見ます。これが「2」です。数を声に出しながら、10往復繰り返します。頭が目線と一緒に動かないよう注しましょう。
 
横も縦も、数を声に出して数えるのがポイントです。

なぜリハビリ体操でめまいが改善するのか

新井医師は、リハビリ体操によりめまいが治る仕組みをこのように解説します。

頭の左右にある三半規管が、飛行機の左右についているプロペラだとしましょう。
 
片方のプロペラが壊れて片肺飛行になったとしても、パイロットが優秀ならば立て直すことができますよね。そのパイロットにあたるのが小脳で、バランスの親分です。
 
ここには体のバランスの左右差を改善する力があるんです。めまいリハビリは、それを鍛える治療なんです。

「鍛えられた小脳」のわかりやすい例は、フィギュアスケート選手です。
 
1分間に90回転しても、めまいは起こしません。フラつくどころか、笑顔で演技を続けています。

これは普段の練習で、何回も何回も回転することでスケートがうまくなるだけでなく、小脳が鍛えられるからなんです。
 
だから平気でいられる。私のすすめる”めまいリハビリ体操”とまったく同じ原理なんです。

「小脳を鍛える」と言われてもピンときませんが、フィギュアスケート選手がやっていることを見れば、確かに納得できますよね。
 
めまいを自分で治す10分体操: Dr.新井「めまい外来」の奇跡 (主婦と生活生活シリーズ)
めまいを自分で治す10分体操: Dr.新井「めまい外来」の奇跡 (主婦と生活生活シリーズ)
 
めまいでお悩みなら、新井医師の体操で小脳を鍛えてみてはいかがでしょうか。
 

コメントを残す