男性有名人の筋トレ ベンチプレス重量 GACKT 長渕剛 堂本光一 草野仁 三島由紀夫 武田真治 レイザーラモン 小島よしお なかやまきんに君

以前九州スポーツ新聞に、男性有名人の筋肉・ベンチプレスに関する記事がありました。
内容をまとめて紹介します。
 
ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)
ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)
 
敬称略しています。

 
GACKT 
・自宅にトレーニングルームがあり、毎朝3~4時間のトレーニングを欠かさない。
・武将役を演じた際には筋肉を10kg増やした。
 
 
堂本光一 
・自宅にベンチプレス器具があり、大胸筋を鍛える日を決めて、ラックにバーベルかけ損ねそうになるほど追い込むこともある。
 
 
草野仁 
・ベンチプレスは100kgを上げ、胸囲は120cmあり、リンゴを握りつぶす握力を持つ
 
 
三島由紀夫 
・ベンチプレスの最大重量は90kgだった。
 
 
長渕剛
・41歳から筋トレを始め、最初は50kgも上げられなかったが、トレーニングに毎日通い、朝起きたら何よりもまずベンチプレスを始める
・その結果、100kgを上げられるようになった。
 
 
武田真治 
・細身だが、ベンチプレスで100kgを上げる。とある有名ジムで黙々とトレーニングをする。
 
※関連コンテンツ
武田真治さんのベンチプレス 筋トレメニュー
 
 
以下、主なマッチョ系有名人のベンチプレスの重量を並べます。
 
120kgくらいになると、訓練を積んでも上げるのが難しくなります。100kg台後半はプロレスラーやボディビルダーでも簡単には上げられません

・レイザーラモンHG 105kg
・小島よしお 95kg
・なかやまきんに君 最高120kg
・パッション屋良 160kg
・室伏広治 井上康生 170kg
・朝青龍 佐々木健介 200kg

このコンテンツは平成22年9月16日九州スポーツ新聞 「芸能界マル秘ウラ話」を参考にしました。
 
スポンサーリンク

 

コメントを残す