デトックスを実践するならまず便通を良くするのが第一です

デトックスとは本来有害重金属や化学物質を体から出すことですが、活性酸素やストレスなどいわゆる「体に悪いもの」の排出をデトックスと呼ぶことも多いようです。
 
(ちなみに、有害重金属の中でも水銀、カドミウム、鉛、アルミニウム、ヒ素の五つを五大有害重金属と呼びます)
 
 
食材に含まれる保存料や着色料などの合成化合物、洗剤や歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤、排気ガス中の窒素酸化物などもデトックスの対象になりえます。
 

特別なことをしなくても、普段の生活で少し心がければデトックスは実践できます。
 
デトックスのために何より大事なのは、便通を良くすることです。体内の毒素の約75%は便から排出されています。
 
 
食物繊維を十分摂取して便秘を予防すれば、それがそのままデトックスになるわけです。
 
サツマイモ、キノコ類、ゴボウ、こんにゃくなどが有効ですね。わたし個人的にはココアもいいかなと。
 
 
「毒を捕まえて排出させる効果の高い野菜」ってのもあります。
 
代表的なのはタマネギ、ネギ、ニラ、ニンニクの四つです。ホウレンソウ、コリアンダーも有効です。
 
これらの食材を食べる時はデトックス効果を思い出してみてください。
 
 
便通の改善が一番手っ取り早く、効率の良いデトックスなので、これが達成できたら尿や汗でも毒素を出してみましょう。
 
 
デトックスの話になると「水分を多め(1.5~2リットル)にとりましょう」というのがつきものになります。これは尿や汗の量を増やして代謝を高め、腎臓での解毒力を高めるねらいがあります。
 
 
汗をかくには、体温がゆっくり上がるウォーキングなどの運動や、半身浴がおすすめです。
 
半身浴を自宅で行うには、お湯を38℃くらいにして、15分以上つかると良いでしょう。
 
関連コンテンツ
サウナのデトックス・脳への効果
 


カラダ「毒抜き」革命―デトックス決定版 気と血の流れをよくすれば、病気は治る!
アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ

コメントを残す