ちょっとだけアーユルヴェーダ 楽天のタンクリーナーも 蓮村誠博士の著書から

当コンテンツではアーユルヴェーダを少しかじってみます。
 
参考にしたのは蓮村 誠医学博士の著書「きょうの毒出し」です。
 
私の興味をひいた内容をお知らせします。食に関する心得が多くなっています。
 
 
いわゆる一般的な健康常識と相いれない内容があるかもしれませんが、ひとつの意見として参考にして下さい。
 
いつもの習慣にちょっとした良い変化をもたらすきっかけになるかもしれません。
 
きょうの毒出し
きょうの毒出し
 

本文内のページ数は「きょうの毒出し」からの引用ページを表しています。
 
 
■舌の掃除をする
舌の表面についている「舌苔(ぜったい)」の掃除は、主に口臭予防の手段として話題になりますが、いまいちメジャーでない感があります。
 
蓮村氏は著書で次のように書いています。

ネバネバして嫌な味がしたり、舌苔がべったりとこびりついていたら、それは毒素がたまっているサイン。
 
食べたり飲んだりして体内に入ったものがきちんと消化されないと、未消化物=毒素となり、からだの各所に蓄積されていきます。
 
それが夜のあいだに血流にのって運ばれ、翌朝、舌の上に出てくるのです。これが舌苔です。(28ページ)
 
アーユルヴェーダ式 2週間で毒出し生活
アーユルヴェーダ式 2週間で毒出し生活

舌苔を取り除くとからだの毒素を減らせるわけです。
 
ショッキングなことに、舌苔は朝10時を過ぎると体内に逆戻りするそうです。舌苔は朝早いうちに取ってしまうのが良いのです。
 
 
舌の掃除は歯を磨いた後に行います。
 
その際、歯ブラシで舌の上をこするのは絶対ダメ。味を感じる味蕾(みらい)が傷ついてしまいます。
 
タンクリーナーが無いなら、スプーンでそぐようにして舌苔をとります。
 
その際、プラスチック製のスプーンは避けたほうが良いそうです。(28~29ページ)
 
楽天市場のタンクリーナー一覧です
 
■朝食はどうする?
世の中には「朝食は食べないほうが健康になる」「朝食は一日のエネルギー源なのでたくさん食べてもよい」といった話がありますが、毒出しを意識するならこれはどちらも間違いで、「朝食は軽めに食べる」のが正解なのだそうです。
 
おすすめの献立としては、野菜を使ったスープなど、消化が良くて温かく作りたてのもの。
 
あるいはパン1枚とホットミルク1杯炊きたてのご飯1膳とお味噌汁1杯といった組み合わせです。
 
毒出し完全スープ ~「いのち」をはぐくむアーユルヴェーダ式~
毒出し完全スープ ~「いのち」をはぐくむアーユルヴェーダ式~
 
朝は消化器官がまだ本格的に活動していないので、たくさん食べると身体が重くなってしまいます。また、冷たい飲み物は消化力を弱めるので絶対ダメです。
(34~35ページ)
 
次のページへ続きます。
 

コメントを残す