マイクロダイエット体験談 68歳女性 中高年でもストレス太り・膝の痛み解消

microdiet-strawbellyaji

ある程度年齢が進むと筋肉が少なくなってきます。
 
すると体を動かすのが億劫になり、活動量が減るため摂取カロリーに無頓着だと体重が増えてしまいます。
 
しかし筋肉が減る=基礎代謝量が減っているということであり、これはダイエットが困難になることを意味します。
 
中高年になってからのダイエットが難しいといわれるのは、こうした理由があります。
 

マイクロダイエットさんのサイトには、68歳女性の体験談が投稿されています。
 
この女性が太ってしまったのは30代後半。
 
子育てやご主人の長期入院でひどいストレスを感じ、気持ちを紛らわすため「ヒマさえあれば何か食べていた」そうです。
 
普段の食事に加えて菓子パンやケーキ、チョコレートなどをパクパク。気がつくと食欲も体重増加も止まらなくなっていました。
 
 
体重が増えたまま、それから年齢を重ね、やがて太り過ぎで膝が痛むようになります。
 
そこで60歳になり、いわゆる「食べないダイエット」を実践し、3ヶ月で4kg体重を落としますが、ある日突然めまいに襲われ、入院してしまいます。
 
「やせるお茶」を飲んだら、下痢が止まらなくなって外出できなくなったことも。
 
microdiet-tomatepastaaji
 
ダイエットをあきらめかけていた頃、マイクロダイエットの存在を知ります。
 
栄養を十分補給できるだけでなく、相談できるサポート体制も整っていることもあり、マイクロダイエットを始める決意をします。
 
 
この女性の場合、朝と昼は野菜中心の通常食で、夜だけマイクロダイエットを利用しました。
 
たまに外食をする時は、栄養バランスの良い定食を食べられるお店に入りました。
 
その他、体験談ではこんな工夫や変化が語られています。

・運動の時間と頻度、種目
・普段の生活で体を動かす場面
・自分の体重・体脂肪をグラフ化する
・何か食べたくなった時の気の紛らわせ方
・体型だけでなくメンタル面での変化

近年は「歳をとったら、少し太っているくらいのほうが健康に良い」という説が有力のようですが、「太り過ぎ」の場合はやはり何らかの対処が必要です。
 
中高年になってダイエットを考えている方には、参考になる体験談です。
↓ ↓ ↓
68歳からのダイエットでしたが、見事成功!中高年にこそダイエットは必要なんです!

コメントを残す