二種類の動脈硬化 加齢とコレステロール・中性脂肪によるもの 対策食品は

動脈硬化には、大きく分けて2つの種類があります。
 
ひとつは加齢と共に血管の壁が繊維化をおこし、文字どおり固く、厚くなってくるものです。
 
このタイプには高血圧が深くかかわっています。
 

もうひとつは、近年特に問題になっている粥状動脈硬化と呼ばれるものです。
 
このタイプは動脈の壁にコレステロールなどが沈着し、そこがコブ状に内腔側に膨れ(これを粥腫といいます)、血管の内径が次第に細くなっていきます。
 
大正製薬 コレスケアキトサン青汁 3g×30袋 [特定保健用食品]
大正製薬 コレスケアキトサン青汁 3g×30袋 [特定保健用食品]
 
血液中の中性脂肪やコレステロールが多いと早く進行し、狭心症や心筋梗塞などの病気を発症する危険が高まります。
 
 
加齢による動脈硬化は繊維化が主体なので破れにくいのですが、血液中のコレステロールが増えすぎた粥腫はやわらかく、内腔側に破れやすくなります。
 
関連サプリ・食品コンテンツ
EPA たまねぎ 明日葉 どじょう アーティチョーク
 
 

コメントを残す