にきびがあると冠動脈疾患が少ない?英国の研究

英国ブリストル大学の研究によると、ニキビの経験がある男性ほど冠動脈疾患で亡くなる確率が低いんだそうです。
 
1948年から1968年の間に、グラスゴー大学の学生であった1万1232人を対象にした疫学調査を分析したところ、約18%の人がニキビにかかった経験がありました。
 

そしてこの人達はニキビが無い人に比べて33%も冠動脈疾患で死亡するリスクが少なかったのです。 一方ニキビのある人は前立腺がんで亡くなるリスクが高かったという結果も出ています。
 
 
つまり、
 
ニキビがある人は心臓病で死亡するリスクは少ないが、前立腺がんで亡くなるリスクは高い
 
ということですね。
 
 
う~ん、これは関連性がよくわかりません・・・。
 
冠動脈疾患といえば狭心症や心筋梗塞であり、これらの症状と関連付けられることといえば、やはり食事の内容や生活習慣がメインでしょう。
 
すなわち油っこいものばかり食べていないか、喫煙の習慣は無いか、ストレスの程度はどのくらいか、あるいは適度な運動を行っているか?といったことですね。
 
 
ニキビ、前立腺がんの間にそれらしい関連があるとすれば、男性ホルモンの作用でしょうか。
 
では、男性ホルモンが心臓病のリスクを下げる作用があるのかと問われると、その線もいまいち弱い気がします。
 
 
ニキビだけでなく、もうひとつ生活習慣かなにかの条件が加わればもっとわかりやすくなると思うのですが。
 
喫煙や飲酒、あるいは食事の習慣などですね。男性ホルモンに、これらの要素が加わればだいぶ説明がつきやすいのではないでしょうか。
 

コメントを残す