LDL算出法など コレステロールとストレスの関係も

Female Nurse and a Group of Medical Personnel

総コレステロール値が240mg/dl以上の高値が続くと、心筋梗塞などをおこす確率が高くなるといわれています。
 
総コレステロール値が基準より少し高い程度であっても、血糖値、血圧、中性脂肪値なども高いようなら注意は必要です。
 

総コレステロール値が高いと、LDLも多くなるのが普通なので、一般の健康診断ではLDLを測定しないことが多くなっています。
 
専門医が教えてくれる! 3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪を下げる200%の裏ワザ 実践編
専門医が教えてくれる! 3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪を下げる200%の裏ワザ 実践編
 
LDLを算出する正しい数式は、
 
LDL=総コレステロール-(中性脂肪÷5)-HDL
 
です。
 
ただし、中性脂肪値が400mg/dl以上の場合はこの数式は使えません。
 
 
LDLの基準値は140mg/dl未満です。
 
総コレステロール値が230mg/dl、HDL値40mg/dl、中性脂肪値140mg/dlなら、LDL値は183mg/dlとなり、要治療レベルです。
 
 
コレステロールはストレスとも関係しています。
 
人が過度のストレスを受けると、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が増加し、HDL(善玉)コレステロールが減少すると言われています。
 
ストレス解消はコレステロール値、中性脂肪値の改善にもつながるのです。
 
 
また、完全主義で競争心が強く、野心的で精力的に仕事をこなす、という血液型がA型に多いこのタイプの人はストレスを受けやすいこともわかっています。
 
ヤクルトヘルスフーズ コレステミン アセロラ味 180g(6g×30袋)
ヤクルトヘルスフーズ コレステミン アセロラ味 180g(6g×30袋)
 
こういったタイプの人はより意識してストレス解消につとめましょう。
 
 

コメントを残す