狭心症 痛む場所や予防法

階段を急いで上がったりすると、胸が痛くなることはありませんか?
 
もし覚えがあるなら、狭心症が疑われます。
 
 
狭心症の原因となっているのは高血圧や糖尿病、高脂血症などに伴う動脈硬化です。
 

冠状動脈を流れる血液が動脈硬化などでスムーズに流れないと、狭心症になります。
 
血管壁が厚みを増し、血管が細くなると、十分な血液・酸素が心筋に供給されなくなります。その際に痛みを感じるのです。
 
 
急に運動をしたときに痛みが出やすく、進行すると心筋梗塞を引き起こすため、早期発見が大切です。
 
 
狭心症の痛みの特徴として、心臓が痛むとは限らないことがあります。胸の真ん中や背中、あるいはノドが詰まるような感覚になる場合もあるようです。
 
 
予防するには太り過ぎないようにすることが第一です。
 
あとはストレスをためないようにして、お酒もほどほどに。タバコを吸わないようにするのは言うまでもありません。
 
熱すぎるお湯に入る入浴や、脱衣場と浴室で温度差が大きいのもリスクが高くなります。
 
睡眠不足も心臓に負担をかけます。睡眠の習慣が不規則なのも血圧のリズムが狂ってしまいます。
 
 
以上をまとめると、いわゆる生活習慣病を予防する心がけと変わりません。
 
高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を予防することがすなわち狭心症を予防につながります。
 
 

コメントを残す