労作性狭心症など、症状別に狭心症を分類

あまり指摘される機会はありませんが、狭心症は発作の起こり方によって以下のように分類されます。
 

・労作性狭心症
坂道や階段を上るとき、入浴時、走ったとき、興奮したときなどの活動時に発作が起きます。
 
名医の図解 狭心症・心筋梗塞の最新治療と発作を防ぐ安心読本
名医の図解 狭心症・心筋梗塞の最新治療と発作を防ぐ安心読本
 
・安静型狭心症
安静時、睡眠時などの非活動時、特に朝方に発作が起きます。
 
冠動脈のれん縮(血管が緊張して収縮し、内腔が狭くなる)が発作の原因であるケースが多いとされています。
 
 
・不安定狭心症
心筋梗塞、突然死をひき起こす危険性の高い狭心症です。
 
特徴としては
 
1 前から何度か発作があり、軽い労作でも発作が起こるようになった
2 発作が強く、持続時間が長い
3 発作の頻度が増えた
 
といった状態です。
 
動脈内腔の狭窄部分に亀裂が生じ、そこに血栓が付着して狭窄・閉塞が急速に進むという非常に危険な状態です。
 
 
・無痛性狭心症
発作がなく、心電図、エコー検査などで見つかる狭心症で、糖尿病の人に多くみられます。
 
 
狭心症も心筋梗塞も主症状は胸痛です。痛みの持続時間は狭心症で2-3分から10分程度。
 
心筋梗塞の場合は激しい痛みが10分以上、場合によっては2-3時間続くこともあります。
 
「狭心症・心筋梗塞」と言われたら…―お医者さんの話がよくわかるから安心できる
「狭心症・心筋梗塞」と言われたら…―お医者さんの話がよくわかるから安心できる
 
狭心症・心筋梗塞の危険因子は高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙といったものがあります。
 
 

コメントを残す