高血圧の自覚症状と2つのタイプ ギュウギュウとパンパン

Female Nurse and a Group of Medical Personnel

高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれるように、自覚症状は無いとされています。
 
血圧が高くなるだけでは、痛みが発生するわけでもなく、もちろん咳や熱が出たりすることもありません。
 
 
ごくわずかずつ悪化していき、ある日限界を超えて血管が破れ、重篤な症状に陥る原因になるのが高血圧です。
 
それだけに恐ろしく、定期健診や日頃の注意が大事なのです。
 

ただ、高血圧であっても、自覚症状が表れるケースもあります。
 
 
高血圧が原因で表れる自覚症状には、
 
肩こり 頭痛 めまい 耳鳴り 胸痛 息切れ 吐き気 動悸 顔のほてり
 
などがあります。
 
これらの症状が続くようなら、高血圧による何らかの合併症が進んでいる可能性があります。
 
 
ただ、いずれもカゼの症状と間違われたり、それほど深刻には考えられないケースも考えられます。「そのうち治るだろう」と見逃しがちな症状ばかりです。
 
そのため、結局は定期健診など日頃の注意が大切なのです。
 
 
健康に気をつけていても、血管の老化はどうしても進行するものです。自覚症状があるならもちろん、なくても検査は怠らないようにしましょう。
 

高血圧 パンパン型とギュウギュウ型

高血圧にはふたつのタイプがあります。
 
それは
 
ギュウギュウ型とパンパン型
 
です。
 
これはNHKの「ためしてガッテン」で使われた名称で、いまでは一般に使われることもあるようです。
 
 
パンパン型とは、血液の体積が増えて血管が膨らむ高血圧です。
 
パンパン型と最も大きく関わるのは、高血圧の話題で必ず取り沙汰される塩分です。
 
 
塩分(≒塩化ナトリウム)の多い食品を食べるとのどが乾きます。
 
 
人体はナトリウム濃度を一定に保つ働きがあるので、血液中の塩分が増えると水を飲んでそれを薄めようとします。
 
血液を薄めるということは、血液の体積が増えるということです。
 
その分血管への圧力は増し、まさに「パンパン」になってしまいます。
 
これがパンパン型の高血圧です。日本人に多いのはこのタイプです。
 
 
パンパン型高血圧では、負担がかかるのは血管だけではありません。処理する血液の量が増える腎臓も働き詰めになってしまいます。
 
やがて腎臓は疲弊しきって、機能が落ちていきます。高血圧が続くと腎臓に合併症が起きるのはこういう理由からです。
 
 
対してギュウギュウ型は、腎臓から分泌されるレニンというホルモンが原因です。
 
レニンは血管にギュッと圧力をかける働きがあります。ホースを握るような作用です。血管が絞られると、血圧は上がります。
 
 
レニンによる高血圧は、塩分摂取の抑制などの対応では改善できません。薬による治療が必要です。
 
 

コメントを残す