ヨネスケさんのヨーグルト漬物・オリジナルドリンク

「晩ごはん」レポートで人気のヨネスケさんは、子供の頃から病気知らずで、学校や仕事を休んだことはほとんどありません。
 
ただ、腸にだけは唯一不安がありました。
 
学生時代からお腹をこわしやすく、頻繁に下痢をしていたのです。
 
(このコンテンツは雑誌「壮快 2014年 05月号」 60~61ページを参考にしています)
 

しかしその「弱点」も、ヨーグルト摂取を習慣にしてからほぼ克服しました。
 
下痢はもちろん便秘もしなくなり、ちゃんとした便が1日に2~3回出ることも。代謝もよくなって、汗をよくかくようになったのです。
 
 
還暦を過ぎてから野菜を意識して食べ始めました。
 
もともと野菜はあまり好きではなかったので、食べやすくするために始めたのが「ヨーグルト漬物」です。なぜヨーグルトかというと、ぬかは手入れが大変だから。
 
 
ヨネスケさんのヨーグルト漬物の作り方は以下のとおりです。

1 大きめの密閉容器の四分の三まで無糖ヨーグルトを入れ、塩を適量加えてよく混ぜる
 
2 キュウリ、ナス、カブ、キャベツ、ニンジンなど、野菜を適当な大きさに切って1に入れる 
 
3 フタをして冷蔵庫で1週間ほどおいたらできあがり。

野菜を取り出してすぐ食べられます。ヨーグルトはつけたまま食べてOKです。
 
野菜が無くなったら追加します。この「ヨーグルト床」は1ヵ月ほど使えます。
 
ヨネスケさんは自宅にいる時はほぼ毎日この漬物を食べています。
 
パール金属 漬物器 1.6L 角型 プチキャロット 日本製 H-7691(レビューあり)
パール金属 漬物器 1.6L 角型 プチキャロット 日本製 H-7691
 
このほか、オリジナルのヨーグルトドリンクも毎朝作って飲んでいます。
 
・無糖ヨーグルト
・キュウリ
・赤パプリカ
・ブロッコリー
・プチトマト
・オレンジ
・キウイフルーツ
・黒酢少々

 
以上をミキサーにかけて、朝食代わりに500mlほど飲んでいます。
 
 
ヨネスケさんの食生活はこんな感じです。

・基本は、身体が欲するものを食べる
 
・35歳から魚食が中心だったが、60歳過ぎてから肉食に戻る
・夜に焼き肉など、油っこいガツンとしたものをよく食べる
・その分意識して野菜を食べる
 
・食後にチョコレート、アイスクリーム、ケーキ、和菓子など甘いものをよく食べる
 
・グルメレポーターとしての仕事は週に1回 一日に平均10品、多い時は17品食べることも
 
・お酒は週に3~4日 朝方まで飲むことも多い

夜にガッツリ食べるなど、ダイエットの常識や、いま流行りの「炭水化物抜き」からするとかなり奔放な食べ方ですが、大病もせず、太ることもなく健康そのもの。
 
それも、ヨーグルト漬物とヨーグルトドリンクのおかげではないかとヨネスケさんは考えています。
 

コメントを残す