ブヨや毛虫に刺されたら 対処法

ブヨに刺されても、刺された時点では痛み・かゆみなどをあまり感じないことがあります。刺されても、「蚊に刺されたかな」という程度で終わることがあるのです。
 
反面、チクッとかなり激しい痛みが走り、刺された箇所から流血することもあります。
 

いずれの場合も、しばらく時間が経過すると刺された箇所が赤く変色してきます。同時に、かゆみや痛みが出てきます。
 
 
数日経つと患部が腫れ上がり、時には頭痛や発熱を引き起こします。患部の腫れがひどいケースでは、痛みで歩けなくなることもあります。
 
かゆいからとかきむしってしまうと新たな傷ができ、そこから細菌が感染して化膿してしまうこともあります。
 
 
患部に早めにステロイド含有の軟膏を塗るか、医師の診察を受けましょう。とりあえずかゆみと痛みを和らげるために、患部を冷やすのも良い対処法です。
 
ちなみにブヨは、朝や夕方に活発に活動します。

毛虫に刺された時の対処法

毛虫の中には毒のある毛を持つものもいます。毒のある毛に触ると強いかゆみと共に皮膚が腫れてきます。
 
 
皮膚に刺さった毛は肉眼では見えないので、患部を刺激しないようにゆっくりとガムテープを張り、軽く叩いて一気にはがし、流水で洗い流しましょう。
 
うまく毛を除去できれば症状が軽くてすみます。
 
その後、かゆみ止めのステロイド軟こうなどを塗りましょう。
 

コメントを残す