ビンタ美容法や健康吹き矢 林督元医師

プロレスのリングドクターとして有名な林督元(まさゆき)医師は 「ビンタ美容法」なるものを提唱しています。
 
流血などキズが絶えない女子レスラーは、40歳を過ぎても肌がきれいな人が多いそうです。
 

なかでも特に顔がツヤツヤしているのは、
 
「ビンタを食らったり、殴られたり蹴られたりして常に刺激を受けているからではないか」
 
と考えたのが「ビンタ美容法」のきっかけです。
 
 
なお林医師はこれまでにも「吹き矢健康法」も提唱しています。
 
吹き矢健康法とは、スポーツ吹き矢を行うことで健康増進を図るものです。
 
スポーツ吹き矢は10m離れた的を吹き矢で狙う競技で、使う筒などにも規定があります。
 
長岡市の開業医だった樋口裕乗氏が考案したとされ、1991年には「吹き矢健康法」を著しています。
 
医者がすすめるスポーツ吹矢健康法―肝臓障害、ゼンソク、便秘、ストレスを吹き飛ばす
医者がすすめるスポーツ吹矢健康法―肝臓障害、ゼンソク、便秘、ストレスを吹き飛ばす
 
95年には樋口氏と林医師が共著で「スポーツ吹き矢健康法」を出版しています。
 

 

コメントを残す