紫外線による弊害 目に受けてもNG 日焼けマシンも

つい先日まで風邪をひかないように注意していたと思ったら、いまは熱中症の心配をしています。
 
日射しもあからさまに強くなり、ほとんど夏のようです。
 
紫外線は3月から強くなり始めて、5月には夏と同じレベルになるそうです。
 

肌の健康や美容を考えると、紫外線対策がそろそろ本格的に必要のようです。日傘の女性を目にする機会も増えました。
 
美容アドバイザーの佐伯チズさんは、タクシーに乗っていても、日傘をさすことがあるとか。
 
 
紫外線というと、肌に浴びてダメージを受けるケースがほとんどですが、実は目に受ける紫外線も軽視できません。
 
「日焼け止め」で肌をガードするだけでなく、目のガードも大事なようです。
 

目に紫外線を受けて発症する病気

最近は紫外線の害について周知されてきたため、日傘や帽子、あるいは長袖シャツに日焼け止めクリームなど紫外線対策をすることは一般的になってきました。
 
最近は飲む日焼け止めという美容アイテムもあるそうで。
 
これらは主に肌を保護するものであって、紫外線対策としては至極まっとうなものですが、実は「目を紫外線から守る」ことも忘れてはいけません。
 
というのも、目が紫外線を受けることで発症リスクが上がると考えられている疾患があるのです。
 
具体的にはこうした病気です。

・白内障
 
・急性角膜炎(いわゆる雪目)
 
・瞼烈斑(けんれつはん 白目の部分に黄色いできもののようなものができる)
 
・翼状片(よくじょうへん 白目の表面の組織が増殖し、角膜に延びてくる)

「日本人は黒目なので紫外線の影響はあまりない」という話を聞きますが、いくら黒目でも目に紫外線を受けて良いことはありません。サングラス+帽子着用などで紫外線を防ぎましょう。
 
 
ここで紫外線についての雑学を。
 
目に入る紫外線の量は、日射角の関係で昼間よりも朝や夕方の方が多くなります。また、高緯度の国ほど目に受ける紫外線が多くなります。
 
これも日射角が関係しており、高緯度ほど日射を顔の正面に受けるかたちになるのです。
 
さらに、紫外線は「高いところ」ほど強くなります。標高が1000m高くなると紫外線は約10%強くなります。高いところほど大気が薄くなり、紫外線が散乱しにくくなるからです。
 
LICLI スポーツサングラス 偏光レンズuv紫外線99%カット メンズ レディース男女兼用フリーサイズ「 超軽量 豊富な7カラー」
LICLI スポーツサングラス 「 偏光 レンズ uv 紫外線 99% カット 」「 メンズ レディース 男女兼用 フリーサイズ 」「 度付き 対応 インナーフレーム 交換レンズ 5枚 専用ケース 付属 」「 超軽量 豊富な7カラー 」 (ピンク)

日焼け(マシン)や紫外線の危険性 国際ガン研究機関 オーストラリアの例も

私が子供の頃は、夏になるとみんな当たり前のように日焼けしていました。
 
焼け過ぎて「皮が2回むけた」なんてことも普通でした。
 
しかし最近は紫外線の害の認知が進んでおり、「日焼けは何も良いことがない」という認識に変わっているようです。
 
 
「日焼け」がダメなのは、機械によるものであっても変わりません。
 
2009年にWHO(世界保健機関)の一組織であるIARC(国際ガン研究機関)が、発がん性が認められるものとして、紫外線を照射する日焼けマシンを最高ランクのgroup1に分類しています。
 
特に、日焼けマシンを30歳未満に使用した場合、皮膚がんで最も悪性の強い「悪性黒色腫(メラノーマ)」にかかるリスクが75%高まると警告しているのです。
group1というと、タバコやアスベストも分類されているランクです。日焼けマシーンの発がんリスクは、タバコやアスベスト並み、というわけです。
 
 
また、オゾン層の保護や紫外線対策への意識が高まっていなかった1980年代前半のオーストラリアでは、40歳過ぎの白人の50%に、前がん症である日光角化症が発症していました。
 
オーストラリアやニュージーランドは、オゾンホールの影響で紫外線が強く、皮膚がんの罹患率は日本のおよそ100倍あるそうです。
 
マミー UVマイルドジェルN 100g
マミー UVマイルドジェルN 100g
 
「日に焼けて真っ黒なのは健康的」というイメージは、さすがにもう昔のものになった感がありますが、果たして日焼け対策が十分に実践されているかというと、まだ改善の余地があるように思えます。
 
子供達にとって、海や屋外のプールで遊ぶのは楽しいものですが、保護者と子供が共に紫外線対策への意識をもっと強くしても良いのではないでしょうか。
 

コメントを残す