老眼が起きる理由

人間は30歳を過ぎるあたりから目の中にある水晶体が硬くなっていきます。
 
水晶体が硬くなると弾力が無くなります。そのため近くにあるものにピントが合いにくくなります。これが老眼です。
 
 
早い人では40歳代から老眼は始まります。
 

よく「近視の人は老眼になりにくい」と聞きますが、これは間違いで、近いところにピントが合っているだけで老眼が始まっていないわけではありません。
 
 
人間の老化を止めることができないように、老眼も基本的に避けては通れません。病気ではないため、仲良くつき合い、進行を早めないよう意識するしかありません。
 
 
現在では老眼用のコンタクトレンズや、老眼を矯正する外科手術なども行われています。
 
老眼ではなく、緑内障などが原因で見えにくくなっている場合もあります。気になるようであれば一度眼科医に相談するのが安心です。
 
 

コメントを残す