目の働きをサポートする栄養 ビタミンやアントシアニン

現代ではテレビやパソコンの画面を見つめる機会が多く、目も疲れやすくなっています。
 
目の疲労がたまると肩こりや頭痛といった症状が起きることもあります。
 
眼精疲労に効く栄養素としては、アントシアニン ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCといったものがあります。
 

「目に良い栄養素」としてよく知られているアントシアニンは血行を促進し、視力を回復させる効果があります。
 
ブルーベリーやビルベリーに多く含まれており、関連のサプリメントもたくさん販売されています。
 
ビタミンAは目の粘膜を保護する作用があるため、目の乾燥を防いでくれます。
 
ローラ マルチビタミン 150粒
ローラ マルチビタミン 150粒
ウナギやレバー、チーズに多く含まれています。
 
ビタミンB群は目の毛様体筋に作用して、筋肉の働きを回復してくれます。ビタミンAと同様に目の粘膜成育にも役立ちます。
 
ビタミンB群は豚肉や鶏の胸肉、カツオ、アサリといった食品に多く含まれています。
 
 
ビタミンCは血管を強くする作用があり、目の充血を改善します。
 
タコやイカ、カキなどの海産物に多く含まれているタウリンも、視神経の疲労回復に効果的です。
 
栄養も大事ですが、パソコン作業の合間には目を休ませることも同じように大事です。
 
DUKE(デューク) パソコングラス 日本製レンズ使用 グレー JPC-12-2
DUKE(デューク) パソコングラス 日本製レンズ使用 グレー JPC-12-2
 
ディスプレイを1時間見つめたら10分間は遠くを見つめるなどして目を休めましょう。体操をなどで身体を軽く動かすのも血行を促すのも効果的です。
 

コメントを残す