善玉菌と悪玉菌 効果的な食べ方・特徴など

腸内に善玉菌を増やして、腸内環境を整えるといいことずくめです。
 
腸内環境が改善されると、
 
便秘・下痢 食中毒の予防 血中コレステロールおよび血圧上昇の抑制 食物アレルギー・風邪の予防 肌の水分量を高める美容効果
 
などが期待できるのです。
 

私は明治のブルガリアヨーグルトを食べており、免疫力が強くなったのは実感できます。
 
腸内環境を改善してくれる善玉菌(別名、発酵型細菌)には次のような特徴があります。

・乳酸や酢酸など身体に必要な物質を生み出す
 
・母乳で育てると赤ちゃんの内臓にも善玉菌が増える

 
一方、悪玉菌(別名、腐敗型細菌)には次のような特徴があります

・たんぱく質やアミノ酸を腐敗させ、アンモニアやアミンなどの身体に悪影響を持つ物質を作り出す(つまり、腸内が悪玉菌優勢だと有害な物質が日々作られることになる)
 
・酸性が苦手 つまり、乳酸菌(善玉菌)が苦手 乳酸菌は乳酸や酢酸を作り腸内を酸性に傾け、悪玉菌は減らす
 
・赤ちゃんが離乳食を食べはじめると赤ちゃんにも悪玉菌が増え始める
 
・高たんぱく・高脂肪の食品を多く食べる、過労や気候の変化などによるストレスをうける、細菌やウイルスに感染して病気にかかる、などは悪玉菌を増やす

なお、抗生物質を服用すると腸内細菌自体が死んでしまうため、腸内環境は大きく乱れます。
 

ヨーグルト食の注意点

ヨーグルトを食べる際のポイントを挙げます。
 
・毎日食べるのが大事 週2~3回では効果半減
(しかし、ある調査では、毎日食べるという人は女性で23.6%、男性で16.1%にとどまっています)
 
・抹茶(食物繊維)、ゴマ(カルシウム)、きな粉(オリゴ糖)といっしょに食べると、カッコ内の栄養素を同時に摂取できて効果的
 
・いつ食べてもいいようですが、いろいろ見たところ「朝食べるとよい」という意見が多数派?
朝食べると排便を促す効果があるから、いう理由をあげてあるものもありました。
 
ちなみにブルガリアではヨーグルトに塩を入れて食べることもあるそうです。
 


豆乳で作ったヨーグルト プレーン
明治 ブルガリア飲むヨーグルトLB81プレーン

コメントを残す