宿便はあるのか?管理人の考え 断食にはつきものですが

断食などについて調べていると、必ずと言っていいほど出てくるのが「宿便」です。
 
概ね「腸のひだの間には排出されない宿便が残っている」といった主旨で説明されており、「断食で宿便を排出して腸をきれいに」と続くわけです。
 
断食の実践者、ジャイアンツの上原投手も「断食をしたら、真っ黒な便が出た。これが宿便かと思った」と言っていたと記憶しています。
 

しかし同時に、「宿便など無い!」という意見が多いのも事実です。
 
 
まず、上で書いたような意味での「宿便」という言葉は医学用語にはありません。
 
医学記事で「宿便」と使われるときは、いわゆる便秘で長く腸に残った便を指す、「滞留便」とも呼ばれるものです。
 
 
宿便はないと主張する根拠として「腸はぜん動運動をしているので、ある箇所が山になったり谷になったりしている。つまり、谷間に便がたまりっぱなしになることはない」というものがあります。
 
 
その他にも「腸の内部では常に分泌物が出ており、また内部組織は皮膚のように代謝しているので便が付着し続けていることは無い」というものです。
 
そこで、私はどう考えているかというと、冒頭で挙げたような意味での「宿便」は無い、と考えています。
 
 
というのは、私がいままで読んだ、腸や食物繊維、大腸がんなどの資料・記事の中には、いわゆる「宿便(冒頭の意味の)」を危険因子として挙げたものは全くと言っていいほど記憶にないからです。
 
例えば「大腸がんを予防しよう」という趣旨の記事の中に、「そのために便秘を解消しましょう」との記述はあっても、「宿便をなくしましょう」というのは私が見た限りではありません。
 
「宿便」という言葉が登場するのは、あくまで「宿便」がメインテーマの資料だと思うのです。
 
 
よって、私は宿便というのはあやしいかな、と考えています。・・・というのが私の意見ですが、いかがでしょうか。
 
次のページに続きます。
 


甲田式健康道 決定版―心と体の宿便を出せば、すこやかに長生きできる!
「体の毒」を出し切る100のコツ―宿便・発ガン物質・内臓脂肪
 
次のページ

コメントを残す