俵万智さんは栄養オタク 読書大好きだった幼少時代

歌人の俵万智さんは、10代のころから「栄養オタク」だそうです。
 
早稲田大学出身なのですが、女子栄養大学も進路先として考えていました。
 
大学時代に一人暮らしを始めるとカロリーブックを片手に毎日お弁当を作って通学していました。
 

もちろんいまも食事には気をつけていて、特に「栄養のバランス」に気をつけています。3大栄養素、肉、魚、野菜などローテーションを組んで、どれも過不足無いようにしています。
 
お酒は日本酒、焼酎何でもOKで、日ごろは缶ビール350ml×2本をメインに飲んでいます。(俵さんのお母さんも「栄養オタク」なんだそうです)
 
 
ちなみに俵さんのポリシーは「結婚はしない、子供は産む、仕事もする」です。03年に生まれた息子さんが最初に発した言葉は「パン」だったとか。
 
 
俵さんは幼稚園時代、スキップができせんでした。
 
幼稚園の先生は「足が悪いんじゃないか?」と心配したそうですが、理由は単に運動が苦手だったから。
 
 
運動は苦手ですが、本を読むのは大好きでした。
 
お母さんは絵本の読み聞かせをよくしてくれたそうで、お気に入りの絵本「さんびきのやぎのがらがらどん」を俵さんは全部暗唱できました。
 
小学校時代はおばさんの家に入り浸り、子供向けの図書を次々と読みまくったそうです。
 

コメントを残す