福沢諭吉と山内容堂の血圧エピソード 飲酒は適量を

「脱亜論」や「人の上に人を作らず・・・」などの名言、そして1万円札でおなじみの思想家、福沢諭吉は高血圧から脳卒中を患ったことがあります。
 
その治療として、なんとヒルに諭吉の血液を吸わせる、という方法がとられました。
 
しかも、使うのは1匹だけではありません。
 

耳の後ろに、なんと30匹ほどのヒルを貼りつけて、一斉に血を吸わせるのです。
 
これは水蛭(すいてつ)貼付法とよばれる立派な治療法で、当時は一般的に行われていました。薬局では生きたヒルも売られていたのです。
 
諭吉の脳卒中は軽かったこともあり、この「吸血治療」は効を奏して諭吉は命をとりとめます。
 
 
もちろん現在はこの治療法は行われていません(世界のどこかでは実践されているかもしれませんが)。食事や運動の管理、場合によっては薬により症状をコントロールします。
 
 
ちなみに、諭吉は子供時代から酒を飲み、酒量も相当なものでした。加えて晩年はタバコも吸っており、脳卒中を発症しても無理もない生活習慣だったようです。
 
 
現代は諭吉の時代よりも、脳卒中の検査・治療法がはるかに進歩しているとはいえ、生活習慣をおろそかにしてはいけません。
 
お酒はホドホドに、タバコは吸わないなど、血圧を上げないための常識として知られていることを、当たり前に実践していきましょう。
 

山内容堂の大酒と高血圧・脳卒中

「幕末の四賢侯」と呼ばれた山内容堂は明治維新後、政府の要職に就きますが、すぐに辞職してしまいます。
 
その後は宴会と詩作三昧の日々を過ごすのですが、これが体を壊す原因になってしまいます。
 
容堂は自身を「鯨海酔侯」と称するほどの大酒飲みでした。過度の飲酒は言うまでもなく健康を害します。
 
 
中性脂肪が増加して動脈硬化が進むだけでなく、尿酸が増えるので腎機能が弱り、血圧も上がります。加えて酒の肴に含まれる塩分が血圧上昇をさらに促してしまいます。
 
 
こうした不摂生がたたり、容堂は脳卒中を発症し44歳で亡くなってしまいます。明治4年の話とはいえ、さすがにこれは早すぎる死としか言いようがありません。
 
容堂の例は現代の私達にも教訓になります。
 
暴飲・暴食は慎み、何事もほどほどにして正常血圧をキープしましょう。
 

コメントを残す