脳を若返らせるシータ波 出すための習慣・考え方

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕ニ講師によると、脳波のひとつシータ波には、海馬の神経回路を柔軟にし、脳の感受性を高い状態に保つ働きがあるそうです。
 
 
シータ波は「浅い睡眠状態」「瞑想中」「強く集中している時」に出ることが知られています。
 

このシータ波について、アメリカ・マイアミ大学のペリー博士がウサギを使った実験を行っています。
 
年をとったウサギでもシータ波が出ているときだけ学習させると、若いウサギと学習能力にほとんど差が無かったのです。
 
 
では、学習能力を若いころと同様に高めてくれるシータ波は、どうすれば出るのでしょうか?
 
最大のポイントは「知的好奇心や探究心を常に持ち続けること」です。
 
 
初めての場所に行ったり、新しいことに挑戦したときにシータ波が発生します。
 
 
逆に最大の障害となるのは「マンネリ」です。
 
「もうトシだし、今さらそんなことはしたくない」という考え方では、学習能力は低下していく一方です。
 
 
シータ波を出す心構えの例を○×で並べてみます。

■初めての場所へ行く、人に会う○
■「どうせ~だから」という冷めた考え×
■休日は家でゴロゴロ×
■「それでそれで?次はどうなるの?」という積極性○

「おっくうだから…」というのが最大の敵です。
 


集中力 シータ波による脳活性
「θ(シータ)波」新脳内革命
脳波にはたらきかけて健康になる シータヒーリング
インサイトCD 波音バージョン

コメントを残す