脳を若く保つには 人との交流を持つ 新しいことに挑戦する

脳を若く保つ秘訣をひとことでまとめるなら、「いろんな人・事と交流を持つ」といえそうです。
 
具体的には・・・

・世代を問わず会話をしてみる
・過去の実績、経験、自慢に固執せず新しいものを取り入れる
 
・流行も積極的に取り入れてみる 理屈よりも行動する
・IT機器も苦手なりに使ってみる
 
・詳しくない話題を会話中に振られても「あまりわからないので・・・」と終わらせてしまわず、自分の知ってる範囲で会話を続ける努力をする

といったことです。
 
全く知らない場合は「それどういうものか教えて」と聞けば、そこからの話題は自分の世界を広げてくれる内容100%です。
 
 
いろんなことに興味を持つと同時に、ひとつ強烈に熱中できる趣味を持つのも大事です。
 
その他、

・自分をほめる
・説教をせず、失敗談をたたき台として話す
・人の話を聞き、他人を認め、その人の長所を探す

なども有効です。
 
 
現代社会はとかく左脳を使いがちなので、時には絵を描く、歌を歌う、音楽を楽しむ、といった「右脳を刺激して左脳はお休み」の日を作ると脳を若く保つ助けになります。


生涯健康脳 こんなカンタンなことで 脳は一生、健康でいられる!
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める
100歳まで成長する脳の鍛え方
会話のうまさで人生は決まる! 成功に導く12のテクニック

コメントを残す