脳疲労解消法 体を少し動かす 映画や音楽を楽しむ など 情報過多の現代

それでは、脳疲労を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?
 
前ページはこちら
 
 
雑誌 Tarzan (ターザン) 2010年 7/8号では、「ちょっと体を動かす」ことを勧めていました。
 
寝る前であっても、少し体を動かすと脳の働きがリセットされるため、よく眠れるようになるのです。
 

また先の「gooダイエット」では、

・1日に1回は好きなものをたっぷり食べて、心から満足のいく食事をとる
・好きな映画・音楽・アロマセラピーなどを楽しむ
・マッサージを受ける

といった方法が紹介されています。
 
「好きなものをたっぷり食べる」と聞くと、「逆に太るんじゃない?」と感じますが、脳疲労が解消されるため神経の働きも正常になり、そのうち健康的な食事が定着するようになるそうです。
 
現代社会は、ひたすら「情報過多」の方向へ進んでいます。
 
一般家庭にラジオやテレビが普及してしばらくしたら、パソコンを誰もが使うようになり、さらに時代が進むと携帯電話、スマートフォンと端末は高機能化し、大量の情報を人間の脳に送り込んでいます。
 
今では、駅やバス亭などでは、スマホなどの端末を目にしていない人の方が珍しいくらいです。
 
 
現代人が目にして処理する情報量は、一昔前の何十倍でしょうか?
 
 
必要な情報が得られることは大切ですし、素晴らしいことです。
 
しかし、(関連性にやや飛躍があると指摘されそうですが)近年行き交う情報の量に比例して、肥満や生活習慣病の発症数も増えているとも言えます。
 
 
「情報過多は脳を疲れさせ、不眠や肥満を招く原因にもなる」と意識し、時には脳を休める時間も必要ではないでしょうか。
 
「ダイエットのために、目に入る情報を制限する」というのもそれほど突飛な発想ではないのかもしれません。
 


脳と体の疲れを取って健康になる 決定版 ゆる体操 PHPビジュアル実用BOOKS
脳疲労に克つ ストレスを感じない脳が健康をつくる
脳の疲れをとれば、病気は治る! 「脳疲労」時代の健康革命
DVDつき 脳疲労ヘッドセラピー―深頭筋マッサージで心とお顔のリフトアップ!
メタボ体質は「脳疲労」が原因だった

コメントを残す