二種類の認知症 脳血管性とアルツハイマー型 違いは

認知症には、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の2種類があります。
 
前者は、名前の通り脳の血管障害によって生じます。
 

脳出血・脳梗塞などにより神経細胞が血液不足に陥り、細胞が壊死するためにその部分の脳機能が低下するわけです。
 
 
アルツハイマー型では神経細胞の集まりである大脳皮質が障害されます。
 
βアミロイドという異常なたんぱく質の塊が神経細胞に蓄積し、その塊が神経細胞を死滅させることが原因の一つだとされています。
 
βアミロイドが蓄積する原因などはまだよくわかっていません。
 
脳血管性認知症では知的機能の一部が保たれ、自分の障害を認識できることが多いといわれています。
 
それに対しアルツハイマー型では知的機能が全体的に低下するので、人格障害・記憶障害が起きやすいため、障害を自覚する認識力も失われがちになります。


親の認知症に気づいたら読む本
自分で防ぐ・治す認知症・アルツハイマー病―いつまでも元気でいるための最新知識と生活法 ビジュアル版
ヒト体質DNA検査(遺伝子検査)キット「認知症3項目」
ワインの力 24g(200mgX120粒)
マルマン イチョウ葉 200mg×60粒

コメントを残す