岩波邦明氏考案 ゴースト暗算とは 右脳・左脳を活性化

ゴースト暗算とは、魚の形をしたプレートに数字を書き入れる独自の計算法です。
 
 
ゴースト暗算のトレーニングでは、プレートに数字を書いて計算した後、課題の絵を一分間見て覚え、同じ形の絵を解答欄に再現する作業を行います。
 
これは記憶を一時的に保存する能力を養うねらいがあります。
 
最終的には、プレートをイメージして暗算が可能になることを目指します。
 

ゴースト暗算では、本来計算で活性化する左脳だけでなく、右脳も活発に働くことが分かっています。
 
ものを一時的に記憶する能力も向上します。
 
 
算数が苦手な子供でも、ゴースト暗算を使えば楽しみながら答えが出せるため、苦手を克服できるとされています。
 
 
計算・算数が好きになった、自信がついた、という子供も多いため、算数が苦手な子は一度試してみてはいかがでしょうか。
 
2ケタ×1ケタの暗算プリント 入門編―岩波メソッドゴースト暗算
2ケタ×1ケタの暗算プリント 入門編―岩波メソッドゴースト暗算
 

コメントを残す